広島県大竹市でひび割れがある屋根の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:カラーベスト屋根の塗装工事
使用材料:パワーシーラー、ナノシリコン他
築年数:32年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

今回は、ひび割れや塗料の剥がれ、色褪せが見られるカラーベスト屋根の塗装工事を行いました。

工事を始める前に足場の材料の運び入れと組み立てを行います。

足場は工事を行う職人さんが安全に工事を行い、落下などの事故を起こさない為にも必要です。

また、近隣への塗料の飛び散り等を防ぐ為、保護シートの設置を行います。

 

足場や保護シートの設置が終りましたら、屋根の洗浄を行います。

汚れが屋根に残ったままですと、新しく塗料を塗っても短期間で剥がれてしまいます。

洗浄には高圧洗浄を用いて、屋根に付着した細かな埃や塵、汚れを落としていきます。

高圧洗浄では落とし切れない汚れはブラシ等を用いたけれん掛けを行い、

手作業で丁寧に落としていきます。

また、この際に屋根や屋根の劣化具合、傷みの状態を確認しておきます。

洗浄作業で屋根の汚れを落としましたら下地の調整を行います。

ひび割れがある状態のまま塗装をしてしまいますと、塗料も剥がれやすくなります。

ひび割れ箇所にはシーリング材を用いて塞いでいきます。

また、屋根材が大きく傷んでいる場合は屋根材の差し替え等を行い補修をします。

下地の調整が終りましたら、

塗装をしない箇所へ「養生」と呼ばれる保護用のテープやシートを設置します。

養生を行う場所は、屋根付近のみではなく必要であれば車やバイク等、

塗料の付着が予想される箇所にも設置していきます。

「養生」の設置が完了しましたら、塗装工程に入ります。

基本的に塗装は下塗り・中塗り・上塗りとなっております。

しかし、劣化具合や傷みやすい箇所などには塗装回数を増やして耐久性を向上させます。

今回下塗りには「パワーシーラー」を使用しました。

下塗り塗料には屋根材に合わせた塗料を塗っていく必要があります。

下塗りが終りましたら、中塗り・上塗り塗料として「ナノシリコン」を使用します。

塗料が完全に乾いてから重ね塗りをする必要があります。

乾燥が不完全なままですと、

塗料同士が混ざり合ってしまったり塗料本来の機能を果たせなくなります。

塗装工程には乾燥期間も考慮して作業を行います。

ナノシリコン塗料が完全に乾きましたら、「縁切り」作業を行います。

カラーベスト屋根などは屋根材の隙間に塗料が埋まってしまい、

通気性や水の流れが悪くなることがあります。

これらを防ぐ為にカッターなどの道具を用いて、

屋根材間の隙間に入ってしまった塗料を取り除いていきます。

一枚ずつ丁寧に行う為、手間と時間が掛かりますが屋根を長く使う為必ず行います。

色ムラなどのチェックが終りましたら、工事完了となります。

 

屋根は普段あまり見る機会もない為、

いざ確認した時に予想よりも酷く劣化していたというケースも多いです。

劣化具合によっては、塗装工事では対応できず屋根を丸ごと葺き替える工事になるケースもあります。

そうなりますと費用の方も倍近くかかってしまう可能性もありますので、

定期的にメンテナンスを行いましょう。

 

先週から太平洋側の乾燥が続き、日本各地で火事などが起こっています。

温かい火が恋しい季節ではありますが、火の取り扱いには注意しておきたいですね。