【浮床工法】うきゆかこうほう

浮床工法とは、歩行音やピアノなどの楽器演奏などによる床への振動が

構造体へ伝搬しないように用いられる工法の1つです。

RC造やSRC造の集合住宅や一般住宅で主に用いられています。

床構造体(コンクリートスラブ)の上に、緩衝材としてグラスウールなどを入れて

モルタルコンクリート、仕上げ板の順に設置していく「湿式浮床工法」と、

木材や合板、ボードなどで作った床構造体を用いる「乾式浮床工法」があります。