広島県広島市安佐北区で錆びた棟板金があるカラーベスト屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。   先日お客様から 「屋根の先端が変色しているようなので一度見て欲しい。」 とのご依頼を頂き、早速屋根の無料診断を行いました。 屋根に登って確認してみますと、 先端にある棟板金部分が経年劣化により塗装が剥げ、赤茶色に錆びていました。 棟板金周辺の錆汚れが広がり、屋根材にも錆が付着している状態でした。 また、斑点状になったが広範囲に渡り付着している事も確認できました。 棟板金の錆を放置すると、錆部分から腐食が始まり穴が開いていきます。 穴から内部へ雨水の侵入してしまい、天井に雨シミが出来てしまう等の被害になっていきます。 また、錆により屋根材の塗膜部分も次第に劣化していき、 水分を吸収し雨漏れする可能性もあります。   今回の様に棟板金や屋根材に塗膜の劣化や錆が見られた場合は、 屋根の塗装工事を行えば解決できます。 塗装前に、高圧洗浄で屋根や棟板金に残った汚れを水圧で落とし、 落とし切れない錆や苔はけれん掛けを行い手作業で落としていきます。 汚れも落として綺麗になった屋根を再度、塗装を行えば 錆も無くなり塗料の機能も回復します。 また、塗装前に錆が気になる箇所には錆止め塗料を塗ることで錆の防止となります。 屋根はお住まいの「顔」でもありますので、 定期的にメンテナンスを行い、長く綺麗に保っていきましょう。   カープに移籍する長野選手の入団会見をご覧になりましたか? カープファンだけではなく多くの方が今後の活躍を期待されたのではないでしょうか。 今年もカープがより強くなって私たちに元気と感動を与えてくれると嬉しいですね。