先日、お客様から

「最近畳の表面が少しジトジトとして

少しカビ臭い匂いが気になるので見に来ていただけませんか」

とご依頼を頂き、廿日市市で床下の無料診断を行いました。

 

地面の様子から、床の土壌が湿っていることが分かります。

湿気により束石も崩れておりコンクリートの強度が低下していることが分かりました。

元々床下は通気性も悪く湿気が溜まりやすい場所でもあります。

その為、床下には湿気を好むシロアリやカビの発生など

見えないところでお住まいに被害を与える可能性があります。

また、家だけでなく人体にも被害が及ぶ恐れがあり喘息や花粉症、

アレルギーの原因にもなりうるのです。

床下対策としては床下に滞留している空気を強制的に排出し、

新鮮な外気を取り入れ床下の湿気を下げる床下換気扇や

土壌から上がってくる湿気を防止する床下防湿シートや

回りの湿度が高い時に吸収・乾燥してくると排出し繰り返し、

半永久的に効果がある床下調湿材が用いられます。

床下はなかなか自分でみる事ができません。

お住まいの為、身体の為にも床下の定期なメンテナンスをお勧めします。

 

乾燥しやすい時期は喉を痛めやすいです。

のどに優しいはちみつ入りのゆず茶を飲んで労ってあげてください。