広島県東広島市で棟瓦が破損した瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

先日お客様から、

「最近よく屋根から白っぽい欠片がポロポロ落ちてきます。大丈夫なのでしょうか」

とご依頼頂き、瓦屋根の無料診断を行いました。

瓦屋根を確認してみますと、棟瓦に大きなひび割れが出来ており、

ひび割れたところから雨水が入り込み、青い苔が生えていました。

また、漆喰が剥がれ中の赤土が露出しており、のし瓦もずれている箇所が何か所か確認できました。

この写真のように漆喰が劣化し剥がれてしまうとのし瓦のずれや、ひび割れや欠けた箇所から

雨水が浸入してしまう場合があります。

また、経年劣化により冠瓦の銅線が緩み、瓦がずれてしまう場合があります。

瓦のズレは他の瓦に当たり破損させてしまう可能性がある為、注意が必要です。

棟は、屋根の頭頂部にあり雨風の被害をとても受けやすい場所です。

築年数が古い家ほど、知らないうちに強風や雨の影響による劣化が現れやすいので要注意です。

棟瓦の補修工事をする場合、のし瓦や冠瓦の一部分だけを補修することはできません。

既存の棟を撤去し、新しい棟を積み直す必要があります。

勿論、棟の赤土や防水紙も新しいものと取り替えますので

雨漏りするリスクも軽減できます。

屋根の傷みは気付きにくいので、定期的に専門家に見てもらいましょう。

 

広島県では南部でも雪が降っています。

路面が凍結する危険もありますので、

車を運転される方もそうでない方も注意して事故の無いようにしたいですね。