【長屋】ながや

 

長屋とは、一つの棟の建物を壁で仕切り共有し、独立のものとする建築物を指します。

現在では「タウンハウス」とも呼ばれています。

戦国時代や江戸時代にかけて、武家屋敷内の家臣の住居や町屋に多く建てられるようになりました。

町人の長屋では、表通りに面している表長屋と通りから引っ込んだ裏長屋が多く、

台所と一緒にした土間と1部屋という形式が一般的でした。

以前は木造住宅でしたが、近年は鉄筋コンクリート造ものが多くなっています。