広島県広島市安佐北区でひびが入り欠けた基礎巾木の修理リフォーム無料診断を行いました。

 

先日お客様から

「基礎巾木がボロボロになっていて心配なので一度見に来てほしい」

とご依頼を頂き、早速外壁と基礎巾木の無料診断を行いました。

写真から、横に大きくひびが入り基礎巾木が崩れ剥がれていることが分かります。

また、ぼろぼろと崩れ落ちている所もありました。

基礎の劣化のサインの1つとして、今回のようなひび割れや剥がれがあります。

コンクリートやモルタルで作られた基礎巾木の場合、施工の際に水分が入っている為、

施工後に乾燥しますと収縮してしまいます。その為、基礎巾木のひび割れは避けられないのです。

また、ひび割れや崩れが発生する原因は、雨水の侵入であることが多いです。

雨水が基礎内に侵入する事で、鉄筋を腐食させ、錆の発生やひび割れや欠損を招いてしまいます。

 

今回のような劣化状況であれば、

乾燥しパサパサになっている為、モルタルを塗布して表面を整えます。

最後に防水効果のある塗料を塗布する事で、

コンクリートの雨水の吸収を防ぐことができます。

基礎巾木はお住まい支える土台の部分です。地震や強風などをバランスよく地盤に伝え、

建物と地盤をつなげる重要な場所となっています。

基礎巾木に劣化のサインが見られたら、早めに専門家に相談しましょう。

 

いよいよ1月も残すところ4日です!寒さもまだまだ続いています。

お出かけの際はマスクなどをして風邪対策をしていきましょう。