広島県広島市西区で床面が劣化した屋上の防水リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋上シート防水工事
築年数:32年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

屋上の床面が劣化しボロボロになっていることから屋上のシート防水工事を行いました。

塗装ではなく塩ビシート防水であれば、

下地が傷んだ状態でも下地処理が比較的簡単であり耐久性も向上できます。

 

工事開始前に、足場と保護シートの設置を行います。

足場は工事を行う職人の安全面や事故を防ぐため必ず設置します。

足場を組み、保護シートの設置が終りましたら、

既存のアルミ押さえや防水シートの撤去を行います。

撤去後、屋根の洗浄を行います。

高圧洗浄を行い水圧で屋根にある埃やごみなどの掃除をします。

また、高圧洗浄では落とし切れない錆やカビはケレン掛けを行い、

手作業で丁寧に落としていきます。

洗浄後、表面に凹凸が見られる箇所にはモルタル等を塗り補修を行います。

表面を平らにすることでその後の施工のしやすさや外観も綺麗になります。

補修が完了しましたら、絶縁用シートの敷設を行います。

しわやふくれの無いように丁寧に施工していきます。

絶縁用シートの敷設が終りましたら、ディスクや脱気筒などの取り付けを行います。

ディスク盤の設置にはシート状に印がありますので、印に合わせ均等に取り付けていきます。

次にルーフィングシートの貼り付けを行います。

絶縁用シートと同様に、しわやたるみ、歪み等が残らないように丁寧に取り付けていきます。

立ち上がり部にはボンドを用いて張るようにします。

シートを設置する為、溶着剤や熱密着を用いて

シートとシートの間のジョイント部分などを張り付けていきます。

シート同士が一体化し、隙間から雨水が侵入する等というケースも防ぐことが出来ます。

また、前の工程で取り付けておいたディスク盤とルーフィングシートを熱により接着していきます。

接合後チェックを行い、接合できていなかった部分等を補修していきます。

細かい作業ですが、屋上の耐久性にも関わることなので隅々まで丁寧に補修をしていきます。

補修が完了しましたら、改修用ドレンやアルミ押さえ、水切り等の処理を行います。

処理が終りましたら、工事完了となります。

 

屋上の防水工事は今回のシート防水工事の他に塗装防水工事等、様々な工法があります。

仮に塗装防水を選択したとしても、既に防水材がボロボロになっていた場合、

防水材の撤去から行わなければなりません。

同じ防水工事でも、お住まいの状況によって処理が少しずつ異なります。

どの工法がお住まいに合っているか、というのはなかなか素人では判断できません。

傷みに気付いたら早めに専門家に相談しましょう。

 

インフルエンザが日本各地で猛威を振るっていますが、

広島県ではP.M2.5も本日やや強いそうです。

外出する際にはマスクなどの対策をし、体調を崩さないようにしたいですね。