広島県広島市南区で塗装が剥がれたベランダの防水リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:ベランダ防水工事・屋根塗装工事
築年数:29年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

ベランダには経年劣化による色褪せや剥がれが見られた為、ベランダの防水工事と

屋根に塗装の剥がれが見られた為屋根の塗装工事を行いました。

今回はベランダ防水工事の様子をご紹介します。

 

まず、指定箇所以外に塗料が付かないように養生を行います。

シートやテープを用いて、ベランダの窓や壁、手すり等を覆い保護していきます。

保護が完了しましたら、ベランダ表面の研磨やケレン掛けを行います。

少しずつ丁寧に行う為、時間や手間がかかる作業ですが後の作業の完成度にも関わる重要な工程となります。

下塗り材(プライマー)を塗布していきます。

塗りムラや塗り残しが無いように注意して行います。

下塗り後、床に特殊繊維を敷き詰めていきます。

FRP防水の元となる重要な工程です。

中塗り塗料を塗布しつつ、上から更に特殊繊維を敷き詰めていきます。

次にトップコートを塗ります。

トップコートは2回塗りをする為、耐久性や美観を向上させることが出来ます。

トップコートが綺麗に乾きましたら、工事完了となります。

 

今回の様に、築年数が経ったお住まいのベランダ防水は劣化している可能性が高いです。

メンテナンス方法には、既存の防水層を保護する為トップコートを表に塗る方法や

防水層を重ねる方法などがあります。

どの方法が良いかは、お住まいの状況もあり素人では判断が難しい為

傷みがありましたら、早めに専門家に相談しましょう。

 

北広島町で先日、雪遊び等を体験する交流会がありました。

近年自然と触れ合う機会が少なくなってきていますが、

積極的に自然に触れてみると新たな発見があるかもしれませんね。