広島県広島市安佐南区で白い粉が付く外壁の塗装修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事 使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他 築年数:33年前後 【工事前】 【工事後】

工事の様子

外壁に触れると白い粉が付くことがあります。 この現象は外壁の劣化サインのひとつで、チョーキング現象と呼ばれます。 今回のお住まいはこのチョーキング現象の他にひび割れなどの傷みも確認できました。 外壁塗装工事の様子をご紹介します。   塗装工事を始める前に、足場の組み立てと保護シートを設置していきます。 足場や保護シートは工事を行う職人さんの安全面や 近隣への塗料の飛散防止の為、必要となります。 次に、外壁の洗浄作業の入ります。 洗浄には高圧洗浄を用いて、外壁に付いた埃や汚れを水圧でしっかりと落としていきます。 汚れが外壁に残ったまま塗装をしてしまいますと、 丁寧に塗装を行っていたとしても塗料はすぐに剥がれてしまいます。 洗浄作業は隅々まできっちり行いましょう。 洗浄後、下地の調整と養生を行います。 下地の調整には、ひび割れや欠けた箇所の補修をします。 ひび割れはシーリング材を注入し、欠けた箇所にはモルタルを塗りこむことで 隙間を埋めていきます。埋めた後はヘラなどを用いて表面を塗装しやすいように平らに整えます。 また、ビニールシートやテープなどを用いて塗装しない箇所を保護しておきます。 窓や車、バイクなど塗料が散る可能性がある箇所は必ず養生します。 その後、下塗り塗料である「ミラクシーラーエコ」を外壁全体に塗布していきます。 外壁塗装は一般に下塗り・中塗り・上塗りの計三回が基本です。 しかし、外壁の劣化具合や傷みやすい箇所には4~5回等、塗装回数を増やします。 下塗り塗料が完全に乾きましたら、中塗り・上塗りの塗装作業に入ります。 中塗り・上塗り塗料には「プレミアムシリコン」を使用しました。 同じ塗料を重ね塗りすることで塗料の耐久性を上げることが出来ます。 塗料が完全に乾きましたら工事完了となります。 雨が降ってしまった場合、塗料の密着性が低下する等の理由から 塗料本来の効果が期待できない為、塗装することが出来ません。 塗装工事をする際には天候にも注意しておきましょう。   昨日はイラン戦で日本が3-0と完勝しました。 チャンスを逃さずゴールを決めた選手たちの活躍に興奮しましたね。 彼らの活躍に元気をもらいつつ、今週も頑張りましょう。