先日、お客様から 「昨年の地震後に特にひび割れが酷くなったように感じます。 今後がとても不安なので一度見に来て頂けませんか。」 とご連絡を頂き、黒シミとひび割れした外壁の無料診断を行いました。 写真からも分かるように、 元々白い外壁だった建物の全体に黒い汚れが付着しています。 また、ひび割れや塗装が剥がれ落ちている箇所や 中の鉄筋が見えている箇所も数か所見られました。 外壁は一年中降り注ぐ紫外線、真夏の猛暑、真冬の氷結、 土砂降りの雨、吹き付ける強風と私たちが考える以上にダメージを受けています。 一方、塗装の防水効果は5~6年ほどで低下してしまいます。 低下すると塗装が落ち、カビや藻類が発生しやすくなります。 また、写真のように柱や梁を腐らせて外壁の傷みの原因となって大きな損害に繋がってしまうのです。 塗装は外観を美しくするだけでなく、防水効果もある為お住まいの老化を防いでくれます。 このように塗装には建物を保護してくれる大切な役割があります。 外壁の塗り替え時期は塗膜性能が落ちてくる約10年前後がベストだと言われています。 傷みが大きくなる前に、専門家に相談し適切な修理をしてあげましょう。   厳しい寒さもあと少しでしょうか。 夕日が落ちるのが少しずつ遅くなってきました。 ご家族みんなが心温まる日々をお過ごしください。