広島県広島市安佐北区でカビや塗料の剥がれがある屋根塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根塗装工事
使用材料:パワーシーラー、ナノシリコン他
築年数:28年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

黄色いカビや苔、塗料の剥がれなど屋根全体が傷んでいた為、屋根塗装工事を行いました。

工事の様子を写真と共にご紹介します。

 

屋根の上で作業を行う為、足場の組み立てや保護シートの設置を行います。

足場は職人が安全に作業をする為、必要なものです。

工事費を安くするため足場を掛けないといった業者もありますので、

必ず確認をしておきましょう。

設置が完了しましたら、傷んだ屋根材の取り替えを行います。

小さなひび割れ等であれば、シーリング材の注入により補修することが出来ますが、

写真の様に屋根材が欠けてしまった場合は、新しい屋根材に取り替える必要があります。

取り替えを行いましたら、屋根の洗浄を行います。

ケレン掛けを行い、屋根材についたカビや苔などを落としていきます。

手作業で行う為、時間と手間がかかりますが後の塗装の際に、

塗りやすさや見た目の綺麗さに関わってきますので隅々まで丁寧に行います。

ケレン掛け後、高圧洗浄を用いて屋根全体の洗浄を行います。

埃や汚れなど水圧でしっかりと落としていきます。

洗浄作業が終了しましたら、下地の調整を行います。

ひび割れている箇所には、シーリング材を用いて表面を平らにしていきます。

下地の処理が完了しましたら、下塗りを2回行います。

下塗り塗料には「パワーシーラー」を使用しました。

下塗りを行うことで、メインの塗料と屋根材の密着性を高める等の効果があります。

下塗り後、メインの塗料である「ナノシリコン」を塗布していきます。

メインの塗料も重ね塗りを行い、塗料の耐久性や密着性などを高めます。

メインの塗料が完全に乾きましたら、最後に「縁切り」を行います。

縁切りとは、屋根材と屋根材の間にカッターなどで切り込みを入れることを指します。

今回のお住まいのような屋根材では、塗装を行うと塗料により溝が埋まってしまい、

通気性や雨水の排水が上手くいかなくなります。

雨漏りを防ぐ為、縁切りは欠かせない工程の1つとなります。

全ての作業終了後、色ムラや塗り残しが無いか等の最終チェックを行います。

異常や不具合が見られなければ、工事完了となります。

 

屋根の上というのは、目が届きにくくなかなか確認することが出来ません。

屋根の傷みに気付いた時には、既に天井に雨シミが出来ていたなどといったケースが多いです。

天井に雨シミが出来ていた場合、洗剤などで消すことはできませんので、

クロスの貼り替えをしなければなりません。

被害が大きくなる前に、専門家に相談しておくと安心ですね。

 

外が寒く鍋が美味しい季節です。

温かい鍋で冬の味覚を楽しみたいですね。