広島県広島市安佐北区で剥がれた漆喰がある瓦屋根の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根漆喰棟積み替え工事
築年数:30年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

屋根漆喰の剥がれや瓦のひび割れ、欠けが見られたので漆喰の積み替え工事を行いました。

工事の様子を写真を交えつつご紹介します。

 

まず、既存の棟の撤去をします。

棟を解体し、棟内部の土を取り出し掃除します。内部の土は元々粘土土の為、

棟を設置した当初は強い保持力を持っています。

しかし、年月が経つにつれ徐々に乾燥していき、写真の様にサラサラの土となってしまいます。

この状態ですと、耐久性も低下していますので衝撃が加わると崩れる恐れがあります。

既存の棟を撤去しましたら、棟内部の設置を行います。

棟の内部には土の他にルーフィング(防水紙)や垂木等を設置していきます。

まずは、建物内部に雨水が侵入しないようにルーフィングを敷きます。

敷き詰めたルーフィングの上に、棟を支える強力棟金具を止めていきます。

強力棟金具の上に垂木を設置し、漆喰を塗っていきます。

漆喰が塗り終りましたら、半丸の棟瓦を並べ、ビス止めをしていきます。

適度な間隔を開けつつ行います。間隔が広すぎても隙間から雨水が侵入してしまいますし、

狭くても棟瓦同士が重なり、破損する可能性がありますので慎重に行います。

最後に破損してる瓦の取り替えを行いましたら、工事完了となります。

棟瓦は瓦屋根を支える重要な役割があります。

瓦がずれ、落下してしまうなどの大きな被害が出る前にしっかりと補修をしておきましょう。

 

鹿児島県では、お風呂にボンタンを浮かべる

「ぼんたん湯」が銭湯を中心に広まってるそうです。

寒い日が続きますので、湯船に浸かって体を温めるのもいいですね。