【ツーバイフォー(2×4)工法】

ツーバイフォー(2×4)工法とは、北米から輸入された木造建築の工法です。

「枠組壁工法」「木造枠組壁構法」とも呼ばれています。

名称の由来は、断面が2×4インチの角材を用いることから来ています。

木造の木枠に構造用合板を打ち付け住宅を壁や床を面で支えることにより、

地震や風などの強い力を一つの場所に集中させず構造全体の強度を上げています。

また、柱や土台、梁などの軸組で建物を支える木造軸組工法と比べ、

木材の隙間が少ないことから、断熱性や気密性が高くなっています。

用いる材料や建て方等は既にマニュアルがある為、

個人や施工会社によって大きな差はあまりみられない。