広島県広島市安佐南区で漆喰が剥がれた瓦屋根の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:漆喰塗り替え工事 築年数:31年前後 【工事前】 【工事後】

工事の様子

瓦屋根の漆喰にひび割れや剥がれが見られたため、漆喰の塗り替え工事を行いました。 工事の様子を写真と共にご紹介します。   まず、既存の漆喰を取り崩し赤土が見えるまで綺麗にします。 古い漆喰が残ったまま、新しい漆喰を塗ってしまいますと 漆喰の密着性が低下し、短期間で剥がれてしまう可能性があります。 漆喰の密着性を高める為、一つ一つ手作業で撤去していきます。 古い漆喰を撤去後、新しい漆喰を塗っていきます。 表面がデコボコしないように一つ一つ丁寧に行います。 漆喰を塗りすぎてしまいますと、雨風に漆喰が当たりやすくなり劣化を早め 短期間で再度塗り直しが必要となってきます。 「適量の漆喰を塗る」には、職人の知識と経験が必要となる重要な工程になります。 鬼瓦付近の漆喰も傷んでいた為、こちらも塗り直しを行いました。 最後に漆喰の塗り残しがないか等のチェックを行います。 以上の工程を踏まえて異常がなければ工事完了となります。   漆喰は瓦屋根を構成する上で重要な役割があります。 雨水の侵入を防ぐことや瓦同士を固定させることです。 漆喰が傷んでしまってはこれらの役割を十分に発揮することが出来ず、 天井裏や天井に茶色の雨シミを描いてしまう、瓦の一部が落下してしまうなどの被害が起こります。 大きな被害になる前に、屋根のメンテナンスは定期的に行いましょう。   広島県では、本日午前中から雨が降っています。 足元も悪くなっていますので、外出する際は十分にお気を付けください。