広島市安佐北区で漆喰の剥がれた瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。 写真でも分かるように、漆喰が剥がれてしまい中の赤土が見えています。 また、白い漆喰全体が黒カビで汚れていました。 漆喰とは、主に瓦屋根の頂部の棟部や軒先部などに使われる白い塗壁材です。 意匠性だけでなく、屋根の内部にまで雨水が入り込むことを防いだり 棟部の瓦同士をくっつける接着剤のような働きなど 屋根にとって重要な役割を果たしています。   今回のような漆喰の剥がれや黒カビは 地震や強風などといった外部からの衝撃だけでなく、 漆喰に付着した水分が乾燥収縮を繰り返したことが原因と考えられます。 また、ひび割れなどが生じ、漆喰に水分が染み込んだことによって 黒カビが付着してしまったと考えられます。   もしひび割れたまま放置をしておくと、屋根の内部にまで雨水が入り込み 屋根の内部が腐敗してしまったり雨漏れが生じてしまう可能性があります。   このような場合は、漆喰の塗り直しを行います。 既存の漆喰を撤去し、漆喰との密着性を高めるため、内部の葺き土を湿らせます。 そして専用のコテを使い、表面をならしながら漆喰を塗ることで 防水性は勿論、美観も回復します。   屋根は普段なかなか目につかない場所なので早期発見が難しいです。 定期的にメンテナンスを行い、 お住まいとご家族の健康を守りたいですね。