【木造軸組工法】もくぞうじくぐみこうほう

木造軸組工法とは、木造建築物工法の1つであり、

土台や柱、筋交いなどの軸組で建物を支える工法をいいます。

「在来工法」「在来軸組工法」「在来木造」など、様々な呼び名があります。

木造の木枠に構造用合板を打ち付けた壁や床で支える木造枠組壁構法(ツーバイフォー工法)と比べ、

壁を抜いて間取りを変える等間取りの自由度も高く、

増改築も可能なため木造住宅の主流となっている工法です。

以前は職人技が求められる工法の為、大工の技術が重要視されていたが、

現在は機械で緻密に加工された木材や接合用の金物もある為、

個人の技術力によるばらつきは解消されてきています。