【鉄骨軸組工法】てっこつじくぐみこうほう

鉄骨軸組工法とは、

鉄製の柱や梁を用いて骨組みを造る建築工法の一種です。

「鉄骨ブレース工法」とも呼ばれています。

在来工法(木造軸組工法)と柱と梁の材質のみ異なり、造り方に違いはありません。

木材よりも鉄は強度が優れており、耐震性もあり細い柱・梁で建物を組み立てることが可能です。

室内の圧迫感や設計の自由度などの利点もあります。

しかし、鉄は熱を通しやすいという性質がある為、

結露の発生しやすくなるなどのデメリットもあります。