【RC(鉄筋コンクリート)工法】あーるしーこうほう

RC工法とは、

鉄筋コンクリート造(Reinforced Concrete:鉄筋により補強されたコンクリート)の略です。

鉄筋を組んだ後にコンクリートを流し込んで固める建築工法です。

コンクリートのアルカリ性により酸化を防ぎ、

鉄筋の錆びてしまうことを防ぎます。

また、鉄筋をコンクリートで覆うことで、

高温時の耐火性が低い鉄筋を熱から守ることが出来ます。

一方、コンクリートの弱点として引張力に弱いことが挙げられます。

このコンクリートの弱点を引張力に強い鉄筋を組み込むことにより補強しています。

鉄筋とコンクリート、其々の長所を活かし短所を上手く補うことで、

変形しにくく高い耐久性が出せる工法です。

大規模な公共施設・商業施設・集合住宅など幅広い建築物に採用されています。