先日、お客様から

「屋根の色褪せが酷く見た目が良くないので見に来てもらえますか」

とご連絡を頂き、カラーベスト屋根の無料診断を行いました。

屋根に登り確認してみますと、屋根の塗料が剥がれ屋根全体が色褪せをしていました。

塗膜の耐久性が落ちているので、見た目が悪くなるだけでなく、防水性も低下しています。

また、こちらでは屋根材に黄色いカビが発生していました。

錆も鉄部から流れ屋根材に付着している状態でした。

瓦屋根は耐久性が高く、屋根自体の寿命が長い傾向にあります。

しかし、カラーベスト屋根はセメントとアスベストの異なる成分を組み合わせ製造されている為、

寒暖差・気温差に弱く寿命は瓦屋根の半分程度約20~25年と短くなっています。

また雨が降れば、その水分を吸収、夏場の高温になれば乾燥し

冬場は水分が凍ったり融けたりと内部で変化します。

水の体積変化により、固定されていた成分が少しずつ剥がれていき、

次第に亀裂、割れが生じ塗料が剥がれてしまうのです。

 

今回のお住まいの様に、カラーベスト屋根に塗料の剥がれやカビや苔等が発生した場合

塗料の塗り直し工事を提案しています。

塗装作業前に、高圧洗浄やけれん掛けを行い隅々まで綺麗に汚れを落とし、

ひび割れや剥がれた箇所をシーリング材やモルタルを用いて補修、

その後下塗り2回、中塗り・上塗りを行うことで

塗膜の防水性が回復し、見た目も新築の時の様に綺麗になります。

雨漏りをしてお住まいの内部に雨シミなどの被害を出す前に、

定期的にメンテナンスを行い健康的な屋根にしておきましょう。

 

今週末も広島県では雨の予報とのことです。

週末は外出せず暖かい家の中でゆっくり本を読んで過ごすのもいいかもしれませんね。