広島県広島市佐伯区で黒ずみやひび割れがある外壁の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装・屋根漆喰塗り替え工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他
築年数:28年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

黒ずみやひび割れが目立つ外壁の塗装工事と漆喰の剥がれが気になる屋根の修理工事を行いました。

今回は外壁塗装工事の様子を写真を交えてご紹介します。

 

工事を始める前に、足場の組み立てを行います。

足場は職人さんたちが安全に工事をするうえで必要不可欠なものです。

また、足場の次に保護シートの設置を行います。

塗装作業の際に近隣に塗料が飛び散ってしまうと迷惑になりますので、

保護シートを掛けて飛散を防ぎます。

足場と保護シートの設置後、外壁の洗浄作業となります。

外壁には今回の様にはっきりとした黒ずみ汚れの他に、目に見えない小さな汚れも付着しています。

水圧でしっかりと落とすことで、後の工程で行う塗装作業をスムーズに行うことが出来ます。

洗浄後、下地調整に移ります。

外壁の劣化によりできたひび割れや塗料の剥がれは、

そのまま上から塗布してしまいますと凸凹している為、塗料の密着性が低下し剥がれやすくなります。

また、雨水が内部へ侵入する可能性もあります。

塗装前に、シーリング材やモルタルを用いて穴を塞ぎ、ヘラなどで表面を平らにしておきます。

下地調整後、下塗り塗料を塗っていきます。

下塗りには「ミラクシーラーエコ」を使用しました。

下塗りを行うことで、メインの塗料の密着性を高め、

塗料の効果を上げる事ができます。土台となる大切な工程なんです。

下塗りが終りましたら、中塗り・上塗りを行います。

中塗り・上塗り塗料には「プレミアムシリコン」を使用しました。

メインの塗料の重ね塗りとなりますので、丁寧にまんべんなく塗布していきます。

最後に塗り残しや塗りムラがないかしっかりと確認を行います。

メインの塗料が完全に乾きましたら、外壁の塗装工事は終了です。

 

外壁の劣化のサインはお住まいの中でも比較的簡単に分かります。

今回のお住まいの様にひび割れや黒ずみは勿論、外壁に触れた時に白い粉が付着すれば劣化のサインです。

定期的にメンテナンスを行い、良いコンディションの外壁にしておきましょう。

 

明日は節分です。今年の恵方は「東北東」だそうです。

恵方巻を食べてご家族の無病息災を祈りましょう。