広島県広島市南区でカビや色褪せがある屋根の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根塗装工事
使用材料:パワーシーラー、ナノシリコン他
築年数:34年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

屋根に黄色いカビや塗装の剥がれが目立っていた為、屋根の塗装工事を行いました。

屋根の塗装工事の様子をご紹介します。

 

工事開始前に足場と保護用のシートを設置します。

塗装の際に、近隣に塗料が飛び散る恐れがありますので、

建物全体を覆うように設置します。設置後、屋根の塗装作業を行います。

高圧洗浄を掛けて屋根全体についた汚れも隅々までしっかりと落としておきます。

また、鉄部の錆などはけれん掛けを行い、専用のブラシを用いて手作業で丁寧に落としていきます。

ケレン掛けには錆の除去の他に、

錆びていない箇所にも塗料の密着性を高める為軽い傷をつけるという意味もあります。

洗浄作業が終りましたら鉄部に錆止め塗料を塗布していきます。

錆止めを塗っておくことで、今後の錆の発生を抑制できます。

また、屋根にも塗料の密着性を高める等の為、下塗り塗料を塗っていきます。

下塗りには「パワーシーラー」を使用しました。屋根の下塗りは重ね塗りを行います。

下地の調整や下塗り作業が終りましたら、メインの塗料を塗っていきます。

メインの塗料には「ナノシリコン」を使用しました。こちらも、中塗り・上塗りの重ね塗りを行います。

塗装回数は、屋根の傷み具合や傷みやすさによって変わってきます。

なかなか判断が難しいところでもありますので、専門家の意見を参考にしましょう。

鉄部もメインの塗料を塗り込みました。

最終チェックとして塗料の塗り残しや塗りムラがないか、細部まで丁寧に確認していきます。

不具合がなければ屋根の塗装工事完了となります。

 

屋根は雨風は勿論、毎日太陽光(紫外線)の影響を受けています。

私たちの身体も、紫外線を浴びすぎてしまうと肌にシミが出来る等荒れてきますよね。

屋根も同様に、長い年月をかけて徐々に劣化していきます。

年に一度の健康診断を受けるように、屋根にも定期的にメンテナンスを行いましょう。

 

2月に入り寒さも以前より和らいできたように思います。

インフルエンザも流行しておりますので、

手洗いうがいをしてウイルスを入れないように心掛けましょう。