広島県広島市東区で塗料の剥がれひび割れがある大手塀の修理リフォーム無料診断を行いました。   先日お客様から 「大手塀の汚れが気になるので一度見に来てほしい」 とご依頼を頂き、早速大手塀の無料診断を行いました。   写真からも分かるように、黄色い塗料が剥がれ内部の白い部分が見えてしまっています。 また、端には細いひびが下まで入っていました。 大手塀の劣化症状として、 「コケやカビ」「白華」「ヒビや崩れ」「傾きぐらつき」などがあります。 今回の様にひび割れや塗料の剥がれの原因は、経年劣化です。 大手塀は日々太陽光や雨風、冬場には雪などに晒されています。 塗料もそのような環境の中で長い年月を過ごせば、徐々に劣化し剥がれ落ちてきてしまいます。 また、ひび割れが出来てしまいますと雨水が内部に侵入し、腐敗させてしまう恐れがあります。   今回のような状態がみられた場合、 再度新しい塗料を塗りなおすことで、修復できます。 塗装の前には高圧洗浄を用いてしっかりと汚れを落とし、 ひび割れた部分にはシーリング材の注入、塗料が剥がれぼろぼろになった部分では モルタルを用いて補修をしていきます。 下地の調整が終りましたら、下塗り・中塗り・上塗りの塗料を重ね塗りします。 外観が新築時の様になるのは勿論、弱くなっていた塗料の防水性なども回復します。 大手塀はお住まいと離れていますが、周囲の方から最も見られる家の顔に違いありません。 大手塀の劣化が原因で大きな事故に繋がらないように、定期的にメンテナンスを行っておくと安心ですね。   明日は「節分の日」ですね! 「鬼は外!福は内!」家族仲良く豆まきをするのもいいかもしれないですね。