広島県広島市佐伯区で剥がれや黒ずみが目立つ外壁の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他
築年数:43年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

元々白かった外壁に経年劣化による黒ずみ汚れやひび割れが目立ってきましたので、

外壁の塗装工事を行いました。今回は外壁工事の様子をお伝えします。

 

まず、作業をする職人の安全の為足場の組み立てを行います。

その後、保護シートを建物全体にかけて塗料の近隣や車への飛散を防止します。

これらの準備が終りましたら、工事開始です。

塗装を行う前に、既存の外壁を洗浄します。

外壁には写真にもあるように長年の汚れが付きやすく、簡単には落とせないことが多いです。

その為、高圧洗浄で外壁に付いた汚れを隅々まで落としていきます。

洗浄後、下地の補修へと移ります。

塗装の前に外壁の表面を平らに整えておくことで、塗料の密着性や耐久性を上げます。

また、外観にも大きく影響する工程となる為、慎重に行います。

ひび割れにはシーリング材などを挿入し、外壁が剥がれてしまった部分にはモルタルを塗って補修します。

大きく剥がれてしまった場合には、直接モルタルを塗らず、ラス網と呼ばれる網を下にして塗っていきます。

モルタルにより外壁にできた穴が塞がりました。

次はメインの塗装工程です。外壁の塗装は主に3回(下塗り・中塗り・上塗り)行います。

しかし、傷み具合等によって塗装回数を増やすこともあります。

状況によって変わってきますので、職人の技術と経験が必要になります。

下塗りには「ミラクシーラーエコ」を使用しました。

下塗り塗料をしっかりと塗っておくことで、メインとなる塗料の密着性や機能を向上させます。

下塗り塗料が完全に乾きましたら、中塗り・上塗り塗料を塗っていきます。

中塗り・上塗り塗料には「プレミアムシリコン」を使用しました。

中塗り・上塗りには同じ塗料を用います。同じ塗料を重ねて塗ることにより、

塗料の効果や耐久性、塗装後の外観も良くなります。

最終チェックとして塗りムラや塗り残しがないかしっかりと確認し、

問題がなければ工事完了となります。

 

昨日も広島県では雨が降り、今週も雨の予報が出ています。

雨はお住まいにとっても、雨漏りなどの被害を与えます。

大きな被害になる前に、早めに専門家に相談しておきましょう。

 

連日、日本各地で火事による事故が相次いでいます。

火は温かく便利なものですが、危険なものでもあります。

火の取り扱いには気を付けて、温かく過ごしたいですね。