広島県東広島市で劣化が進行した雨樋の修理リフォーム無料診断を行いました。

先日お客様から

「建物全体の劣化が心配で、今の状態を知りたいので一度見に来てほしい」

とご依頼を頂き、早速お住いの無料診断を行いました。

まずは、こちらの写真では、雨樋が内側に曲がってしまっています。

雨どいの破損を甘く見てしまう方がおられますが、雨どいの破損を甘くみていると

雨漏りの発生を高めます。

お隣さんと距離が近かったり、道路に近い場合は、ご近所や通行人との間で

しなくてよいトラブルを引き起こす原因に発展するケースもあるんです。

屋根を見ても、コケやカビが発生し明らかに劣化しているのがわかります。

現段階では、雨漏りこそありませんが、劣化状況からも

屋根工事計画をご家族で話し合うタイミングになっていました。

このまま放置し、下地のルーフィング材が傷んでしまうと

ルーフィングの取替工事から行わないといけなくなり

施工金額そのものが、大きくなってしまいます。

なので、こういった場合は、早めの屋根工事をする方が

施工金額を抑えることができます。

雨どいの曲がりは、積雪で曲がるケースが多く

火災保険を使って修繕される方が多いのが実情です。

火災保険は、自己申告制なので保険の事をよく知っている方とそうでない方では差が出ています。

風災害が適用されることを知っている人は、何度も申請していたり、保険の事をよく知らない人は保険金をただ支払うだけといった状況になっていますので弊社にご相談いただければ、色々アドバイスさせていただけると思います。

雨樋の劣化は、なかなか気づきにくい箇所でもあるので

定期的にチェックして現状を把握することが大切です。

週刊天気予報をみると、寒暖差の激しい一週間になるそうなので

体調管理にはお気を付けください。