工事情報
工事内容:屋根カラーベスト張り替え工事
築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

【工事の様子】

屋根全体に塗装の剥がれやひび割れが見られたため、屋根の葺き替え工事を行いました。

工事の様子を写真と共にご紹介します。

 

工事開始前に足場を設置します。

劣化した既存の屋根材を順番に撤去します。

色褪せやひび割れのような傷みが全体に広がっている場合は屋根の葺き替え工事を行いますが、

劣化が少ない場合は重ね葺き工事(カバー工法)を行います。

下地の防水シートと野地板も傷んでいるので剥がします。

劣化が激しく、いくつか破れている箇所がありました。

下地材の役割は重要で、雨漏りを食い止める最後の砦です。

その下地材が破れていると、間違いなく雨漏りが発生してしまいます。

野地板を設置していきます。

屋根を設置する前に野地板や防水シートをビスで張り付けていきます。

隙間が出ないように慎重に取り付けます。

下地を設置後、新しい屋根材を設置していきます。

今回は既存の屋根と同じ屋根材「カラーベスト」を使用しています。

カラーベストは軽量の為、屋根を含む建物全体の重量を減らしてくれます。

建物が軽くなると、地震が起きても揺れにくくなり、柱や壁の負担が減るので耐震性は高くなります。

屋根材を取り付ける際に雪止め金具も一緒に設置します。

この金具は屋根に積もった雪が滑り落ちないようにするために雪をひっかける部材で

積雪がある地域にお住まいの方に取り付けをお勧めしています。

以上の工程を踏まえて異常がなければ足場を解体して工事完了となります。

足場の撤去後は周囲を綺麗に清掃してお引渡しとなります。

 

屋根の葺き替えは、好みの屋根にリフォームするチャンスでもあります。

葺き替え工事は屋根材だけでなく、下地の野地板や防水シートも取り替えるので

新築と変わらない状態にすることができます。

・築年数が20年~30年前後で

・雨漏りが起きている

場合は屋根のリフォームが必要なタイミングです。

リフォームと言っても何をどうすればよいのか分からない方が大半だと思いますので

お気軽にお問い合わせいただければと思います。