広島県広島市安佐北区で剥がれや欠けが見られる瓦屋根のリフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根の修理工事
築年数:34年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

漆喰の剥がれ瓦の一部破損谷板金の傷みが見られましたので、瓦屋根の修理工事を行いました。

瓦屋根は瓦自体が丈夫な為傷みやすいというイメージは持ちにくいと思いますが、

瓦屋根を構成する漆喰や谷板金は傷みやすく、お住まいの雨漏りに繋がるので要注意です。

今回は工事の様子を写真を交えて簡単にご紹介します。

 

工事開始です。まずは漆喰の塗り替えから行います。

既存の漆喰を壊し、取り除いていきます。

古く傷んだ漆喰を綺麗に取り除いておくことで、表面が平らとなり新しく塗る漆喰の密着性が上がります。

既存の漆喰を取り除きましたら、新しく漆喰の密着性を上げる為、

霧吹きで赤土を湿らせます。

湿らせましたら、新しい漆喰を塗っていきます。

漆喰は多く塗ると耐久性が上がるイメージがありますが、

実際は必要以上に多く塗ってしまうと雨風に当たりやすくなり、短期間で劣化してしまいます。

適量を凹凸なく塗るには職人の技術と経験が必要となります。

漆喰が塗り終りましたら、破損した瓦の一部取り替えを行います。

今回破損した瓦は数枚でしたので、一部の取り替えのみ行いました。

破損した瓦が多くなりますと葺き替えも検討しなければいけません。

葺き替えだと工事内容も金額も大きくなりますので、早めに確認をしておくと安心ですね。

瓦の交換が終りましたら、谷板金の取り替えを行います。

谷板金は瓦と異なり、金属製の為劣化により錆びやすく傷みやすい箇所です。

経年劣化によって板金部分に穴が開いてしまえば、穴から雨水が内部に侵入し

天井裏や天井に雨シミを書くなど雨漏りが起こる可能性があります。

谷板金は瓦下に入り込んでいますので、板金の上にある瓦の一部を解体します。

古い板金とその下にある防水紙(ルーフィング)を撤去します。

谷部は屋根の雨水が傾斜により溜まりやすく水量の多い箇所です。

板金が傷んでいる場合、防水紙も雨水を吸い傷んでいる可能性が高いので、

防水紙(ルーフィング)の取り替えも行います。

防水紙の上に新しい谷板金を設置していきます。

谷板金は切れ目や隙間ができないように繋げています。

小さな隙間に水が落ちてしまいますとそこから傷み、

錆や穴が開いてしまいますので注意して取り付けていきます。

また、板金設置後一度取り外した瓦を並べていきます。

谷板金の設置完了です。

最後に漆喰の塗りムラや瓦の状態、谷板金の確認が終りましたら、工事完了となります。

瓦屋根の雨漏りの原因の多くが、今回修理を行った漆喰や瓦、谷板金からです。

あなたの身体と同じく、傷みの早期発見が被害の拡大を防ぎます。

傷みに気付いたら、早めに専門家に相談しておきましょう。

 

本日、広島県では朝から雨が降っています。

気温は春に近づいているそうですが、まだまだ寒い日が続きますね。

風邪に気を付けてお過ごしください。