広島県広島市南区で塗装の剥がれ黒ずみがある外壁の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装・屋根塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他
築年数:33年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

外壁の塗料が所々剥がれていたり、

白い外壁に黒済ずみ汚れが目立ってきたので外壁の塗装工事を行いました。

また、屋根についても塗装の剥がれやひび割れなどが見られましたので、

屋根の塗装工事もさせて頂きました。

今回は工事の一部である外壁の塗装工事の様子をご紹介します。

 

まず、工事を始める前に足場・保護シートの設置を行います。

足場は職人さんが安全に工事を行う上で必要不可欠なものです。

足場がなければ高い位置を塗装する際届きませんし、梯子ではバランスを崩して落下する恐れがあります。

安全面だけではなく、作業効率の面でも足場は必要なんです。

また、保護シートは塗装作業の際に塗料が近隣や外に止めている愛車に散ることを防いでくれます。

どちらも工事には必要なので、しっかりと準備を行います。

設置が終りましたら、外壁の掃除から始めます。

外壁には長い年月で蓄積された黒ずみ汚れ等がこびり付いています。

汚れが付いたまま塗装をしてしまいますと、表面の凹凸により塗料と外壁の間に隙間が出来てしまい

塗料の密着性は勿論、塗装後の美観にも影響してきます。

これらのしつこい汚れを落とす為、高圧洗浄を用いて協力な水圧で一気に落としていきます。

また、細かい汚れや鉄部に付着した錆はケレン掛けを行い、手作業で掃除します。

洗浄作業が完了しましたら、下地の処理を行います。

塗装の剥がれた箇所には、モルタルを薄く塗って表面を整えていきます。

下地の処理後、塗装工程に入ります。

外壁の塗装は基本的に下塗り・中塗り・上塗りの計3回行います。

下塗り塗料の「ミラクシーラーエコ」を用いて、

外壁材と塗料の密着性を高めると同時に塗料による外壁材への染み込みを防ぎます。

下塗り後、メインの塗料として「プレミアムシリコン」を塗っていきます。

基本的に中塗り・上塗り塗料は同じものを用いますが、

中塗りには、下塗り塗料と上塗り塗料の密着性を高めるという大切な役割があります。

塗料は完全に乾きってから、重ね塗りが必要です。

次に外壁の溝部分(目地)にシーリング材を注入します。

隙間やシーリングにひびがありますと、そこから雨水が侵入し

外壁やお住まい内部を傷めてしまう可能性があります。

シーリング材を注入後、表面を整えます。

最後に塗りムラや塗り残しがないか最終チェックを行い、工事完了となります。

 

外壁や屋根は雨風や紫外線など劣化の原因となるものに常に晒されています。

その為、長い年月が経ってしまいますと、

どんなに丈夫で耐久性がある塗料や素材を使っても劣化は避けられません。

私たちの身体と同じです。

いくら体が丈夫であっても、年を取ると足腰や目などが老化していきます。

身体の調子がおかしくなったらどうしますか?

放っておかず病院に行きますよね。

お住まいでも同様に、調子がおかしくなったら専門家に見てもらう必要があります。

傷みに早く気付き、適切な修理を行いましょう。

 

高熱などの特徴がなくともインフルエンザだったというケースも少なくないそうです。

お住まいだけでなく体に不調が見られたら早めに病院で診てもらいましょうね。