広島県広島市佐伯区でひび割れや塗装の剥がれのある外壁塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他
築年数:37年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

外壁に縦横の大きなひび割れや塗装の剥がれが見られたので、外壁の塗装工事を行いました。

外壁の劣化サインは、触れると白い粉がつく「チョーキング現象」やひび割れ、

塗料の剥がれなど目に入りやすいものが多いです。

傷みが分かりやすい一方で、外壁が劣化したときどんな補修が行われるのか知っている人は多くありません。

今は、施工業者のみではなくインターネットからも情報を集めることができます。

しかし、サイトによって矛盾もありどの情報が正しいか分からなくなってしまった・・・

というのも、経験があるのではないでしょうか。

こちらでは、外壁塗装工事の様子を職人さんの作業写真を交えてお伝えします。

 

まず、今回は1階・2階の外壁を塗装する為、足場を組み立て保護シートを設置します。

塗装作業の時には塗料が周りに飛び散ってしまうことがあります。

本来塗装する予定のない場所や、愛車などに塗料がかかってしまったら大変です。

また、自宅のみではなく近隣への迷惑となりますので必ず工事前にシートをセットします。

次に、外壁の清掃作業に入ります。

外壁には長年の雨風や紫外線による汚れが付着しています。

この汚れが付着したままですと、新しく上から塗装をしても

外壁と新しい塗料の間に隙間ができてしまい、短期間で剥がれやすくなってしまいます。

高圧洗浄機を用いて、小さな埃やごみ等の汚れを強力な水圧で洗浄していきます。

洗浄後、養生と下地の調整を行います。

養生とは、塗装をしない箇所をビニールやテープを用いて保護することです。

保護する箇所には窓や雨戸などを含みますので、養生をしている間は窓を開けことができません。

また、下地の調整としてひび割れや剥がれた箇所の補修を行います。

ひび割れにはシーリング材を注入し、へらなどで表面をきれいに整えます。

塗装が剥がれた箇所には、周辺を剥がし、

モルタルを薄く塗ってひび割れと同様に表面を平らに整えていきます。

下地の調整が終わりましたら、塗装作業へと移ります。

外壁の塗装は一般に計3回(下塗り・中塗り・上塗り)行います。

しかし、傷みの状態によっては時間をかけて塗装する必要も出てきます。

塗装回数などは知識と長年の経験が必要となりますので、職人さんに判断を仰ぎましょう。

今回、下塗りには「ミラクシーラーエコ」を使用しました。

下塗り塗料には中塗り・上塗りに用いる塗料と外壁との密着性を向上させる効果があり、

塗装自体の耐久性にもかかわってくる為、重要な工程の一つとなります。

下塗り後、中塗り・上塗り塗料として「プレミアムシリコン」を使用します。

プレミアムシリコンには外壁が劣化する原因である雨や酸素、紫外線に注目し、

劣化防止に加え、外壁に付着する汚れを防ぎ美観を保ちます。

外壁の塗料はメーカーにより様々な種類がありますので、

色のみではなく機能にも注目してみるといいでしょう。

最後に、色ムラや塗り残しなどがないかをチェックします。

不具合等がなければ工事完了となります。

 

2/8の夜から、広島城でデジタルアートが行われるそうです。

まだ夜は寒いですが、冬の澄んだ空気の中

デジタルアートを見るのも綺麗で楽しいかもしれませんね。