先日、お客様から「軒裏が腐敗してボロボロになっています。 外壁も汚れやひび割れが目立ってきているので一度見に来て下さい」 とご連絡を頂き、広島市安佐南区へ屋根と外壁の無料診断を行いました。   写真を見ても分かるように、軒裏が腐敗し穴が開いた状態でした。 また、外壁にはひび割れや触れたときに白い粉が付着するチョーキング現象が見られました。 軒天は、外部に設置されているため常に紫外線や風雨に晒される環境にあります。 今回穴が開いていた場所は軒下の裏ということもあり、 直接は紫外線が当たらない場所ですが日光の照り返しが原因による「色あせ」、 屋根から流れる雨水による「シミ」や「カビや藻」の発生、 軒天の材質の「剥がれ」などの劣化現象が起こります。   今回のように軒裏が腐敗し欠けている場合、軒裏の補修工事を行います。 欠損している部分に、ラス網と呼ばれる亜鉛メッキ鋼板を使用した網を張り、 その上からモルタルを塗り形を成型していきます。 形が整いましたら、塗装を行い違和感のないようにしていきます。 また、外壁であればひび割れをシーリング材で補修し、 その上から塗装を行うことで、ひび割れた箇所も目立たず新築時のように綺麗になります。 塗料も塗り直しますので、防水性も上がり耐久性も向上します。 軒天もお住まいの一部で重要な役割があります。定期的なメンテナンスを心がけましょう。   三原市では三原神明市が始まり、賑わっているそうです。 伝統の行事から春の訪れを感じるのもいいですね。