広島県廿日市市で塗装が剥がれた屋根の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根塗装工事
使用材料:ファインウレタン他
築年数:30年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

屋根の塗装が剥がれていた為、屋根の塗装工事を行いました。

今回は工事の様子を写真とともに簡単にご紹介します。

 

まずは屋根全体をケレン掛けします。

ケレン掛けとはナイロン製のタワシでこすり、錆や古くなった塗料を削り落とす作業を言います。

今回のような金属製の屋根は塗料が剥がれやすく、

ケレン掛けがしっかりとなされてないままに塗装をすると、

2~3年で塗装が剥がれてくることがあります。

綺麗な外観の屋根を保つ為に手作業でひとつずつ念入りに汚れを落としていきます。

屋根の掃除後はひび割れている部分の補修や浮いている釘の打ち直しといった下地処理を行い、

下塗りとして錆止め入りの塗料を塗布していきます。

錆止め塗料を塗りますと金属の表面に皮膜を形成し

錆の原因である水や酵素を遮断・除去して錆や腐食の発生から屋根を守ることができます。

錆止め塗料が完全に乾きましたら、

上からさらに中塗り・上塗りとメインの塗料を塗り重ねていきます。

屋根の端や瓦棒の部分などのローラーでは塗りにくい箇所を先に刷毛で塗り、

塗料の塗り残しや塗りムラがないように塗っていきます。

中塗りの役目は平滑な下地を作ることと上塗り材の補強です。

今回、塗料には「ファインウレタン」を使用しました。

錆、カビ、苔に強く、カラーバリエーションが豊富なのが特徴です。

広い面はローラーで塗ります。

上から下へ塗っていくことで塗り漏れがないようにします。

 

中塗りと上塗りには同じ塗料を用います。

別の色や製品を重ね塗りしてしまいますと、

中塗りと上塗りの付着が悪くなり本来向上するはずの耐久性が低下してしまいます。

また、経年劣化によって塗料が落ちてきた際に美観も悪くなってしまいます。

上塗りでは仕上げとして塗り残しをカバーし、塗膜に厚みをつけます。

下処理を十分に行い、下塗り・中塗り・上塗りと複数回塗ることではじめて

その塗料の持つ耐久性と美観性を発揮することができます。

最終チェックとして塗料の塗り残しや塗りムラがないか、

細部まで丁寧に確認していきます。

不具合がなければ屋根の塗装工事完了となります。

 

屋根部分は住宅の中でも一番直射日光に照らされるため、最も傷みやすい部分です。

しかし、日常的に確認が難しい部分でもあるので、

気が付かないうちに傷みが進んでいる、というケースも少なくありません。

天井に雨シミが出てきて初めて屋根に穴が開いていることに気づいた、

といったお客様もいらっしゃいました。

雨漏りなどの実害が生じて建物全体に影響が及ぶ前に

屋根塗装等の定期的なメンテナンスを行いましょう。

 

2月のイベントであるバレンタインが近づいてきました。

日本では女性が男性にチョコレートを贈るのが主流ですが、

海外では男性から女性へプレゼントを贈る場合が多いようです。

同じイベントでも楽しみ方が異なるのは興味深いですね。