広島県広島市東区で塗装の剥がれやひび割れが目立つ外壁塗装の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外部補修及び部分塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他
築年数:34年前後

 

【工事前】

【工事後】

 

工事の様子

外壁下地のひび割れが酷く、変色や剥がれが目立っていたので外壁の補修・塗装工事を行いました。

工事の様子を写真と共にご紹介します。

 

まずは、足場を組み立てて飛散防止のネットを設置します。

足場の設置は非常に重要ですが、当然費用が掛かりますし、

家の中が暗くなる事や設置時の騒音などの問題もあり、足場を組む事を嫌う方もいらっしゃいます。

しかし、作業員の安全確保や作業効率の上昇、

汚れや水しぶきが近隣に飛散するのを防止する為にも足場の設置は必ず必要になります。

足場設置後は高圧洗浄機で外壁に付いたごみや埃を洗い流し、ひび割れの補修を行います。

築年数が古い建物は、外壁自体が傷んでいることも珍しくありません。

今回のように壁の下地までひび割れている場合は樹脂モルタルをコテで埋め込み、

表面が滑らかになるよう補修します。

補修後は下塗り作業に入ります。

今回は「ミラクシーラーエコ」を下塗り材に使用しました。

細かい亀裂や軽い凸凹等がある外壁は、シーラーを下塗りし塗装面を平らにしておきます。

たっぷりと分厚く塗ることで凹凸を少なくし、色むらや塗り残しが目立たないようにします。

下塗り後、塗料が乾きましたら中塗り・上塗り工程に入ります。

塗料は「プレミアムシリコン」を使用しました。

外壁塗装というのは三回塗りが基本で

一回目を下塗り、二回目を中塗り、三回目を上塗りと言います。

この三回塗りは絶対に必要です。

悪徳業者や手抜き業者がこの三回塗りを行わず、

すぐに塗料がはがれてトラブルになったというケースも少なくありません。

見積りや説明の時に、必ず担当者に確認しておきましょう。

 

中塗りと上塗りでは同じ塗料を使用します。

これは色ムラを防ぐだけでなく、塗料本来の性能を維持する為でもあります。

色変えをすると塗装の付着が悪くなり、耐久性が落ちるので異なる塗料による塗装は行いません。

最後に塗り残しや塗りムラがないかしっかりと確認を行います。

塗料が完全に乾きましたら、工事完了です。

 

一般的に塗装工事を行うにあたってベストな時期は春・秋とされています。

塗料は「気温5℃以下、湿度85%以上」になると乾燥が遅れます。

つまり、湿度が高い雨の日や冬の寒い日に塗装工事を行うと

塗料に雨水が混ざり仕上がりが悪くなったり、

乾燥が不十分なうちに重ね塗りをすることで塗料が剥がれやすくなります。

塗料を美しく塗るためには、気温と湿度が適切な日に塗装工事を行うことが大切です。

広島県では梅が咲き始めるなど暖かな春の気候となってきました。

外壁の剥がれやひび割れが目立ち始めたらまずは専門家に相談してみましょう。

 

気温はまだまだ寒いですが、季節は少しずつ変わっているようですね。

春は花粉の季節でもありますので、しっかりと対策をしておきましょう。