広島県東区で色褪せた外壁の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事 使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他 築年数:20年前後 【工事前】 【工事後】  

工事の様子

ホコリの蓄積や雨だれによる外壁の変色が見られた為、外壁の塗装工事を行いました。 高いお金を費やして手に入れたマイホームの外壁が色褪せてきたらショックですよね。 変色の原因は主に雨水や湿気の影響もありますが、メインは紫外線です。 日光が当たることで壁面の塗膜が劣化し、色ムラが出てきます。 少しでも綺麗なお住まいを保てるよう、外壁のメンテナンスについて知っておきましょう。 今回は外壁塗装工事の様子を写真を交えてご紹介します。   まず2階建てのお住まいの外壁を塗装するため、足場を組み立て保護シートを設置して作業を行います。 高圧洗浄機でコケや黒ずみ、古い塗膜を落とす清掃作業を行います。 ほこりなどの汚れが付いたままだと汚れの上から塗装をしている状態になり、 半年~1年という短期間で塗装が剥がれてしまいます。 塗料の耐久性を高めるためにも機械を使った洗浄が必要になります。 洗浄後、シーリングの打設やひび割れの補修を行っていきます。 シーリングとは、窓枠や玄関まわり、パネル外壁材の接続部に 打設されているゴム製のパッキンを指します。 このクッション材が地震による振動や気温変化による膨張・収縮によるひび割れを防ぎます。 シーリングがひび割れたり、やせ細っている場合は素材が古く打ち替えが必要なサインです。 専門知識がなくても分かるサインですので、定期的に確認しておきましょう。 塗料の飛び散りを防ぐ為、塗装する箇所以外に養生を行い塗装作業に入っていきます。 今回は下塗り材「ミラクシーラーエコ」を塗布しました。 シーラーは中塗り・上塗り塗料を外壁にしっかり密着させるために塗ります。 下塗り材を塗らずに中塗り・上塗りを行うと塗料の密着性が無くなり、 すぐに塗装が剥がれてしまったり、ヒビ割れを起こしてしまいます。 シーラーをしっかり塗っていないとどんなに良い塗料を使っても、 塗料が持っている防水機能や遮熱・遮断効果等の性能を活かすことが出来ません。 稀に下塗りの工程を省く業者もいるのでメーカーの仕様書や見積書を必ず確認しましょう。 下塗り後、中塗り・上塗り塗料として「プレミアムシリコン」を使用します。 よくお客様から なぜ中塗りと上塗りの工程で同じ塗料を使用するの と聞かれることがあります。 実は、塗料にはそれぞれ1回の塗布量が決まっているのです。 塗膜に厚みを持たせ、外壁の耐久性を高めるためには適切な量で 何度も塗り重ねる必要があるのです。 最後は塗料の拭き残し、塗り残しが無いか念入りに確認後、工事完了となります。   今週は史上最強クラスの寒波が襲来するそうです。 寒暖の差で体調を崩さないようにお気をつけください。