広島県広島市安佐北区で漆喰の剥がれた外壁の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁補修工事
使用材料:プレミアムフィラー、漆喰他
築年数:36年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

外壁の漆喰が剥がれていた為、外壁の補修工事を行いました。

一般に外壁の塗装工事では内部が木材の場合、モルタル補修後に塗装に入るのですが、

今回は外壁に漆喰を使用していた為、モルタル補修後に漆喰を塗りました。

漆喰壁は外観も綺麗に仕上がる上、

日本の気候に合った調湿効果や防火性がある等のメリットもあり好まれる方も多い素材です。

今回は、漆喰壁の補修工事の様子を写真と共にご紹介します。

 

まず、剥がれた漆喰の周辺を取り外していきます。

外壁には綺麗な漆喰と剥がれた箇所との間に隙間が空いていますので、

そのままモルタルを塗って補修をしても密着性が悪く、剥がれやすくなります。

このような場合は周りを削ぎ落し、周りからモルタルを塗ると綺麗に仕上がります。

周りを削ぎ落した後、ラス網を張りモルタルを塗りやすくします。

設置したラス網の上からヘラを使って、モルタルを平らに塗っていきます。

モルタルを塗って形を作り、整えた後塗装作業へと移ります。

外壁の塗装は一般に計3回(下塗り・中塗り・上塗り)行います。

今回は下塗り塗料として「プレミアムフィラー」を塗りました。

下塗り塗料には、外壁と塗料の接着力を高める効果の他に

外壁材への塗料の染み込みを防止する効果があります。

今回は塗料ではなく漆喰を塗りますが下地がモルタルの為塗装と同様に、

漆喰の前にフィラーを塗布し漆喰の密着性を上げます。

通常であればメインの塗料を中塗り・上塗りと重ね塗りをしますが、

今回は元の外壁が漆喰壁の為、漆喰を塗っていきます。

漆喰の塗装は一見簡単そうに見えますが、

漆喰を適量以上に塗ってしまうと、雨風に当たりやすくなり劣化速度が速くなってしまいます。

また、反対に漆喰を薄く塗ってしまいますと耐久性が落ち剥がれやすくなります。

適量を見極めるには職人の知識や経験が必要となりますので、

職人さんの腕の見せ所ですね。

漆喰が完全に乾きましたら工事完了となります。

 

今回は外壁の補修工事の中でも珍しいケースをご紹介しました。

外壁もお住まいを構成する大切な一部です。

こだわりのある漆喰壁を無理やり塗料を使って補修する必要はありません。

あなたの好きな服を着るのと同様、其々のお住まいに合った施工をして

お住まいの個性を大切にしていきましょう。

 

広島県でも空気が乾燥する日が続き、火事も起こっています。

まだまだ肌寒いですが、火の取り扱いには十分に気を付けましょう。