広島県広島市安佐北区で瓦が割れた屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。 写真でも分かるように、数枚の瓦に縦のひび割れが出来ています。 また、瓦の表面が欠けて内部が見えている箇所がありました。 遺跡からでも焼き物は昔の状態のまま発見されている程、 焼き物の耐久性には定評があります。 焼き物である瓦は屋根材の中で最も耐用性が高く、なんと約50~100年持つと言われています。 しかし、この年数は瓦に何もトラブルがない場合です。 屋根には雹や強風時に飛来物の衝突がありますので、 これらが原因となり瓦が割れる、欠けるといったケースが少なくありません。 瓦が欠けたまま放置してしまいますと、屋根内部に水分が染み込み、 天井裏や天井、押し入れに雨シミを発生させてしまいます。 押し入れに布団が入っていれば湿気により布団がジメジメと湿り、カビ等も発生しやすくなります。   屋根は普段生活をしている中で目に届きにくく、傷みに気付きにくい箇所です。 また、瓦と共に屋根を50~100年と使う為には定期的なメンテナンスが必要なので 今のお住まいを長く大切に住むためにものプロに相談して見てもらっておくと安心ですね。   少しずつ春の訪れを感じるようになりましたが まだ足先は冷たくて、厚手のソックスが必需品となっています。 冷え性のわたしは寝るときもソックスを履いたままです。 就寝時は身体の体温も下がりますので、温かくしてお休みくださいね。