広島県広島市安佐北区で軒天に剥がれや黒シミが目立つ屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

 

写真でも分かるように、軒天の先端部分が剥がれてしまっています。

軒天とは、軒先にある屋根の天井部分を指します。

野外にある為、雨風の影響を受けやすく色褪せなどの劣化が目立ちやすい場所でもあります。

また、こちらでは軒天に黒カビが付着しています。

元々白の軒天の為、黒いシミが目立ち、酷く劣化している様に見えますね。

近年では見た目がシンプルな軒ゼロ住宅が増加していますが、

軒のある住宅に比べて約5倍雨漏れがしやすくなると言われています。

軒は壁面へ雨がかかることを防ぐなど、お住まいにとって重要な役割を果たしているのです。

今回のような黒カビは、軒の中に湿気が籠っている事が原因で起こります。

また、劣化が進み雨漏れが発生、

内部の木材が腐敗したことで軒天が剥がれてしまったと考えられます。

 

今回の場合は、軒天の劣化状態が比較的軽度でした。

下地にも大きな傷みが無かった為、

修理をする場合は上から軒天ボードを追い貼りすることで

軒天の機能が回復し、外観も綺麗になります。

しかし、劣化が重度の場合は張り替え工事が必要となります。

その場合は既存の軒天を撤去し張り替えた後、塗装を行います。

傷みが軽度のうちに修理することで、工事規模も費用も抑えることが出来ます。

軒天は確認がしやすい場所にあるので、外出の際などにちらっとでも確認することが大切です。

 

桜も開花しているところもあり、春が近づいているなと感じます。

春から新生活が始まる方は、そろそろ準備をされているのではないでしょうか。

環境の変化に備えて、疲れが出ないようにこの週末をお過ごし下さいね。