広島県広島市安佐南区でひび割れや剥がれがある外壁の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他
築年数:34年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

外壁に大きなひび割れ(クラック)や塗装の剥がれが数か所見られたため、外壁の塗装工事を行いました。

外壁に黒ずみ汚れやひび割れ、塗料の剥がれなどの劣化症状が見られた場合

早めに補修をする必要があります。

もちろんひび割れの深さや大きさによってお住まいに与える被害は変わってきますが、

放置しておくと外壁の劣化のみではなく、内部が腐食していきます。

外壁やお住まいの劣化原因の多くは「水」です。

ひび割れや剥がれがあると、内部に水が回ってしまい腐らせてしまいます。

外壁を良い状態にしておくことが、お住まいを守る上で必要不可欠なのです。

今回は、外壁の塗装工事の様子をご紹介します。

 

足場と保護シートを設置した後、外壁の洗浄を行います。

外壁には黒ずみ汚れ以外にも、目に見えない埃や砂などが付着しています。

広範囲でこれらの汚れを落とす為に高圧洗浄機を使用し、強い水圧で一気に落としていきます。

写真を見ても分かるように、水が黒くなっていますよね。

この黒さの分外壁が汚れていた、という事になります。

外壁の洗浄が終了しましたら、剥がれた箇所やひび割れ部分を補修していきます。

写真のように剥がれた箇所は、モルタルを塗る前に周りを綺麗に削ぎ落します。

自然に剥がれた箇所のみモルタルを塗っても、

剥がれていない箇所との境界線に凹凸が出来てしまう為、施工後の見た目が悪くなります。

また、モルタルの接着性にも影響が出るなどのデメリットがあることから、

必ず事前に削ぎ落した後モルタルを塗っていきます。

モルタルを塗る等、下地の調整が終りましたら下塗りを行います。

外壁の塗装には一般的に下塗り・中塗り・上塗りの計3回の重ね塗りが行われます。

その中でも、下塗りは塗装の基礎となる重要な工程です。

主に外壁材とメインの塗料の接着力を高めてくれます。

また、下塗り塗料を介さずメインの塗料を直接塗ってしまうと

外壁材に塗料が染み込んでしまう可能性があります。

染み込んだ塗料は時間が経つとムラが発生してしまうので外観に影響を与えてしまうので要注意です。

下塗りが終了しましたら、中塗りへと入ります。

中塗りと上塗りには同じ「プレミアムシリコン」を使用します。

中塗りをすることで、表面の凹凸を減らし滑らかで塗装をしやすい土台を作ります。

また、下塗り塗料と上塗り塗料の密着性を高める効果もありますで、

塗装の耐久性を上げることが出来ます。

中塗り塗料がしっかりと乾きましたら、上塗りに入ります。

上塗りは中塗りの際にできた塗りムラを塞ぎ、

防水性等の機能を持つ塗膜に厚みを持たせる効果があります。

また、仕上がりの完成度も上がりますので新築時のような外観となります。

最後に、塗りムラや塗り残しがないか最終チェックを行います。

不具合や異常が無ければ、工事完了です。

 

外壁はお住まいを守る盾となります。

定期的にメンテナンスを行い、現状把握をしておきましょう。

 

ドイツの動物園でシロクマが生まれたそうです。

まだ名前はないそうですが、愛くるしい表情にほっこりします。

たまには動物たちを見てゆっくり休みたいですね。