広島県廿日市市での欠けや雨樋の劣化がある瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。   先日お客様から、 「屋根の診断を一度してみたいのですが」 とのご相談を頂き、早速瓦屋根の無料診断を行いました。   今回お客様が屋根の診断を希望するきっかけとなったのは、去年の豪雨災害です。 これまでの雨とは比較にならないほどの雨が一度に降りました。 お住まいを建ててから一度も屋根の診断を行っていなかったそうですが、 今後の災害対策もあり、一度診断をして悪い箇所があれば修繕しよう!と、 家族で話し合い決めたそうです。 メンテナンスを積極的に行う事はとてもいいことですよね。 私たちを守ってくれているお住まいを、私たちも当然守らなくてはなりません。 将来の事を考えると、ご家族でお住まいの事を考える時間はとても大切なんです。   屋根の診断を行いますと、所々瓦の欠けている箇所がありました。 瓦の表面がかけてしまい、中の材質が露出している状態になっています。 この状態の瓦は雨水を吸収しやすくなっている為、雨漏りする可能性が高くなります。 またこちらでは、雨樋に落ち葉や実が溜まっていました。 雨樋は、屋根から流れた雨水を適切な場所へと排水する機能があります。 しかし、途中が落ち葉や実、泥などでせき止められていますと 雨水が上手く流れなくなり、溢れ出してしまいます。 このお住まいでは、雨樋の下が一階の瓦屋根になっていますので瓦が傷む原因にもなります。 そこで今回は欠けている瓦屋根の補修工事と雨樋掃除を行うこととなりました。 今回、瓦屋根の補修として、欠けた瓦の差し替えと 漆喰が剥がれ、棟瓦がずれているなど棟の状態も良くなかった為、棟の積み直しも行いました。 幸い雨漏れに繋がる前に診断をし、メンテナンスをしたので被害を食い止める事ができました。 定期的に診断をし、現状把握する事が安心して長く暮らせるポイントです!   山口県上関町では、180本もの桜が早咲きしているそうです。 桜が咲くとぐんと春が近づいてきたように感じますよね。 この週末は、花見に出かけてみてはいかがでしょうか。