先日、お客様より

「外壁が汚れているようだから見に来てほしい」

との連絡をいただき、外壁の無料診断を行いました。

写真からも分かるように、白い外壁に黒ずみ汚れや青い苔が発生しています。

また、鉄部付近では雨で流れた錆が外壁にも付着していました。

外壁は日々紫外線に晒されています。

紫外線は私達人間の肌にもシミを作ってしまう等、大きな影響を与えますよね。

外壁も私たちと同じく、紫外線の強さによって劣化していくのです。

肌に日焼け止めクリームを塗るなどの対策をするように、外壁も紫外線対策が必要不可欠です。

また、紫外線以外にも「雨」が劣化の原因となります。

大気中の二酸化硫黄や窒素酸化物が溶け込んだ雨が、

どんどん外壁表面に触れていくと劣化するのは当たり前ですよね。

これらの影響を日常的に受け続けていくうちに、外壁は劣化していくのです。

 

外壁の劣化症状は分かりやすく、特別な知識がなくとも発見できます。

今回のお住まいのように、色褪せや苔、錆から

外壁に触れた際に白い粉が付く「チョーキング現象」があります。

チョーキング現象は、塗装劣化の初期サインです。

放置しておくと、塗膜により保護されていた雨水や紫外線等が

外壁材に直接届いてしまい、劣化してしまいます。

劣化のサインを見逃さず、早め早めの補修をしてあげましょう。

 

2/8(金)から広島城では「チームラボ 広島城 光の祭」を開催しています。

街の象徴である広島城の周りが光のアートに彩られ、幻想的な空間を創り出しています。

私も想像するだけでもわくわくします。

週末や仕事帰りのちょっとした時間に足を運んで心癒されてみてはいかがでしょうか。