広島市安佐北区で漆喰が剥がれた瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

 

写真でも分かるように、所々屋根の漆喰が剥がれてしまい内部の赤土が剥き出しになってしまっています。

また、のし瓦がずれ、赤土と共に前に飛び出していました。

黒い瓦に白い漆喰といったコントラストによる美しさは、日本家屋の特徴の一つです。

屋根の漆喰はそのような意匠性のみならず、

屋根の内部へ雨水が侵入することを防ぐなどお住まいを守る重要な役割を果たしています。

今回の場合は漆喰が湿気を多く吸い込んだこと、

ひび割れから雨水が侵入したこと等が原因で剥がれてしまったと考えられます。

この状態のまま放置すると、漆喰の内部の赤土のみならず

内部の構造体にまで雨水が入り込み、酷い場合には雨漏りしてしまう恐れがあります。

 

今回の場合は、幸いにも天井の雨シミなど雨漏りの症状が見られず、

劣化も軽度だったこともあり、漆喰の塗り替えとのし瓦の補修を行うと解決できます。

漆喰の塗り替えでは、

既存の漆喰を取り除き、内部の赤土を整えた後に新しい漆喰を塗ります。

新しい漆喰を塗ることで、耐久性も回復しまた長くお住まいを守ってくれます。

また、のし瓦の修復では

のし瓦を解体し、劣化した漆喰や赤土を取り除きます。

撤去後に、位置を整えるため糸を張り、ラインを作り赤土と漆喰を詰めていきます。

その後、のし瓦を並べなおし完了となります。

屋根の劣化は目に付きにくい場所のため傷みの早期発見が難しく、

気付いた時には劣化が進んでいるというケースも発生しています。

劣化が進めば進むほど工事の規模やそれに伴う費用も大きくなってしまうので要注意です。

 

今日は全国的に雨の予報ですね。

なんと、今日は暦の上でも「雨水」に当たる日付です。

昔から農耕の準備を始める目安とされてきました。

少しずつ真冬のお洋服から、衣替えを始めてもいいかもしれないですね。