広島県広島市安佐南区で塗料剥がれたセメント瓦屋根の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:セメント瓦屋根塗装工事
使用材料:パワーシーラー、ナノシリコン他
築年数:37年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

屋根全体に塗装の剥がれやひび割れ等劣化が見られた為、屋根の塗装工事を行いました。

実は屋根塗装の寿命はいつまでか、明確な年数は出すことができません

何故なら、お住まいに使われている屋根材や塗料、立地条件によって

劣化スピードが変わってくるからです。

同じ時期に建てたお住まいでも、条件によって大きな差が出てきてしまうのです。

今回は、セメント瓦屋根の塗装工事の様子をご紹介します。

 

塗装前に屋根全体を洗浄します。

水圧の強い高圧洗浄機を用いて屋根に付着した埃やカビ、砂などを洗い流していきます。

なぜ、高圧洗浄機を用いてまで洗浄をするのでしょうか。

雨や紫外線そして風によって屋根の上には、

私たちの目には見えない小さなごみがたくさん付いています。

これらの汚れが塗装の際に付着していますと

塗料の接着性も低下するため剥がれやすく、施工後の美観が悪くなってしまうからです。

洗浄後、けれん掛けを行います。

高圧洗浄機で落としきれなかった錆やカビ、苔などを

ブラシ等の道具を用いて手作業で落としていきます。

一枚一枚行う為時間は掛かりますが、隅々まで丁寧に綺麗にすることが重要です。

けれん掛け、ひび割れなどの下地の処理が終わりましたら、

いよいよメインの塗料工程へと入ります。

塗装は下塗り・中塗り・上塗りの3工程で行われます。

その中でも、基礎となる下塗りには重要な役割が主に2点あります。

1点目は、屋根材と上塗り塗料の密着性を高め、塗装の耐久性を向上させることです。

2点目は、仕上がり後の塗りムラを防ぐことです。

屋根材には上塗り塗料を吸い込む性質があり、仕上がりの際に塗りムラが発生してしまいます。

屋根材と上塗り塗料の間に下塗り塗料を塗り、この塗りムラを防いでいます。

下塗り工程をするとしないとでは仕上がりに大きな差が出てしまうのです。

下塗り塗料が乾きましたら、中塗り塗料を塗っていきます。

中塗りと上塗りに使用する塗料は同じ「ナノシリコン」です。

中塗りには下塗り後の屋根材を平らで滑らかにし、補強していく役割があります。

同じ塗料を使用する為上塗り後は見えなくなりますが、

施工後の仕上がりに大きく影響する重要な工程になります。

中塗り塗料の乾燥後、上塗り工程に入ります。

上塗りは施工後、目に見える部分となりますので美観等の見た目はもちろん、

雨風や紫外線から屋根を守るなど重要な役割があります。

塗りムラや塗り残しがあれば、この役割を果たすことができませんので、

しっかりと隅々まで塗装を行います。

上塗りが完全に乾きましたら、工事完了となります。

 

屋根の塗装で重要なことは、現状把握です。

お住まいの屋根材や塗料の種類を知っておき、今どこがどの程度傷んでいるのか、

立地の環境によってこれからどのような被害が考えられるのか・・・等、

意外にも知っておくことは多いのです。

しかし、手ごろなインターネットで調べてもサイトごとに矛盾があり、

何があなたのお住まいに合った情報なのか、

専門家でなければ判断が難しいところでもあります。

正しく確実に現状把握するために一度は、専門家に相談しておくことが大切です。

今、できることから始めて、いざという時に安心できるお住まいにしていきましょう。

 

本日は広島県にも朝から雨が降っており、

昨日よりも気温がぐっと下がって肌寒さを感じています。

体調を崩す要因の一つが温度差です。しっかりと温まり、体を冷やさないようにしましょう。