広島県広島市佐伯区で苔や色褪せがある大手塀の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:大手塀塗装工事
使用材料:プレミアムシリコン他
築年数:38年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

大手塀の上下に多くの苔が発生し、全体的に劣化してた為、大手塀の塗装工事を行いました。

大手塀は去年の大阪地震の際に、

ブロック塀が倒壊し女の子が亡くなったという痛ましい事件が取り上げられたことで

注目されるようになりました。

通勤・通学で毎日通る道でもよく見かける為、

ブロック塀は当たり前の存在となり普段は意識することもなくなりました。

大手塀は防犯や雨風等からお住まいを守ることが主な目的として設置されることが多いですが、

もう一つの理由として「お住まいの美観」が挙げられます。

住宅の前を通りかかった際に、一番に目につくのはどこでしょうか?

 

それは、お住まいを囲む「大手塀」です。

大手塀が綺麗であれば、お住まいも綺麗だとイメージできますし、

反対に大手塀が酷く汚れていれば、お住まいは大丈夫なんだろうかと不安になります。

お住まいの第一印象を決める重要な位置を占めるといっても過言ではありません。

今回は、大手塀の塗装工事の様子をご紹介します。

 

まず、高圧洗浄機で塀にこびり付いた苔や埃、砂等を落としていきます。

塀に苔や砂が付着したままですと、

塗料が上手く塀の接着せず塗料が短期間で剥がれてしまいます。

塗料の効果を長く持続させるためにも、洗浄作業は必要不可欠です。

洗浄後、下地処理を行います。

ひび割れなどの補修が必要であれば、塗料を塗る前のこの工程の際に行います。

塗装前にひび割れでできた穴を塞ぐことで、

塗料が塀の内部へ流れ込むことを防ぎ、補修箇所も目立たなくできます。

下地の処理が終わりましたら、下塗り塗料を塗っていきます。

下塗り塗料には、後に塗装するメインの塗料と塀の接着性を高める効果があります。

下塗り工程は塗装作業に欠かせない工程なんです。

下塗り後、中塗り・上塗り作業に入ります。

上塗りをする際に、中塗りを行います。

中塗りには、上塗りと下塗り塗料の密着性を高めるとともに、

表面を平らで滑りやすくし、塗装しやすいよう整備します。

上塗りです。中塗りと同じ塗料を用いて、重ね塗りを行います。

重ね塗りすることで塗膜に厚みをつけ塀の外観を整え、塀の耐久性を向上させます。

上塗り塗料が完全に乾きましたら、工事完了となります。

 

塗装工事の際に注意すべき点は、建材によって塗料の種類が変わることです。

例えば、金属製のものに塗る塗料と木製のものに塗る塗料とでは成分が変わってきます。

もちろん塗る場所を指定しない万能型の塗料もありますので一概には言えませんが、

使用する先が異なると耐用年数が短くなる場合もありますので要注意です。

しっかりと担当者や職人と相談し、長く安全なお住まいにしましょう。

 

府中市上下町で「天領上下ひなまつり」が2/16に幕開けしたそうです。

お店や住宅に多くの人形が飾られており、春の訪れを感じますね。

天候も良くなり、花粉シーズンとなりました。

花粉対策をしっかりとして春を満喫したいですね。