広島県広島市南区でひび割れした基礎巾木や外壁の修理リフォーム無料診断を行いました。 先日、お客様から 「外壁や基礎部分にひび割れがあり、見た目が良くないので一度見に来て頂けませんか] とご依頼を頂き、早速外壁の無料診断を行いました。 写真を見ても分かるように、 白い外壁の縦横にひび割れが出来ており、上部には黒い汚れが付着していました。 また、基礎部分では縦に太いひび割れが入っていました。 写真のようなひび割れ(クラック)が何か所が見られました。 外壁や基礎にひび割れが起こる原因は主に2点あります。 1つは、内部の水分が乾燥し収縮してしまうことで起こるひび割れです。 こちらは、ひび割れの原因として最も多く挙げられています。 2つ目は、急激な温度変化です。 基礎に用いられるコンクリートは温度が急に下がってしまうと縮んでしまうという性質があります。 この縮む力に耐えられず、ひび割れが起こってしまうのです。 またこれら以外にも、地震などの外部からの衝撃によるひび割れ等、 意外にも劣化する原因は身近に潜んでいるのです。   今回のように、外壁や基礎にひび割れが起こった場合は補修工事を行います。 まず、補修前に高圧洗浄機を用いて外壁や基礎に付着した埃や塵を落としていきます。 この際にしっかりと汚れを落とさなければ、 補修後に行う塗料が塗りづらく、剥がれやすくなってしまいます。 洗浄後、外壁や基礎にはシーリング材を注入します。 外壁では塗装が大きく剥がれていることもありますので、 そのような場合にはモルタルを塗り補修します。 補修後は、下塗り・中塗り・上塗りと計3回塗料を塗っていきます。 塗料が完全に乾いたら補修工事完了となります。 外壁の塗膜も回復する為、美観だけではなく機能面も復活します。   外壁のひび割れや住宅の基礎は、一度劣化が進んでしまうと自然に直ることはありません。 大切なお住まいがいつまでも綺麗であり続ける為に、定期的にメンテナンスをしておきましょう。   明後日2月22日は猫の日ですね。 約13万前に中東の砂漠を中心に生息していたリビアヤマネコが、猫の祖先とされています。 現在のように人と生活し始めたのは約5千年前の古代エジプトのころ、 倉庫の穀物をネズミから守るために猫を飼ったのがルーツだそうです。 動物に心を癒されつつ、今週を乗り切りましょう。