広島県広島市西区で錆びた谷板金がある瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。 先日お客様より、 「屋根を見た時に谷の部分が錆びていた。補修の必要があるか見てほしい。」 とのご相談を頂き、早速瓦屋根の無料診断を行いました。   屋根を確認しますと、谷の部分の板金の塗装が剥がれ 赤茶色の錆が出ていることが分かります。 また、瓦には数枚ほどひび割れや欠けが見られました。 屋根のメンテナンスといえば屋根や漆喰部分をイメージする方が多いですが、 実は谷板金も劣化しています。 谷板金は屋根と屋根の面が出会う、凹んだ谷の形になっている部分を指します。 屋根が受けた雨水を屋外に流すという大切な役割を持っています。 耐久性のある金属から作られていますが、経年による劣化は避けられません。 日々の雨風の影響により、塗膜が流れてしまい今回のように錆びてしまう場合があります。 一度錆びた部分を放置してしまうと、腐食し表面に穴が開いてしまいます。 また、穴から建物内部への雨水が侵入し、室内の天井にシミができたり、 湿気を好むシロアリ等の害虫の発生を促してしまう等の被害に繋がります。   今回のように谷板金が傷み瓦にひび割れがある場合は、 谷板金と瓦の一部の取り換えを行います。 谷板金は、既存のものを撤去し、新しい防水紙と谷板金を設置します。 また、瓦も同様に傷んだ瓦のみ交換します。 傷んだ箇所のみ取り換えができるのは瓦屋根の特徴の一つです。 「もったいない」精神が生きる日本ならではかもしれませんね。   本日、グアムの東の海上で台風2号が発生したそうです。 台風は毎年、日本に被害をもたらしています。 台風が上陸する前に、しっかりとお住まいのメンテナンスをしておきましょう。