広島県廿日市市でシーリングの傷みや黒ずみ汚れが目立つ外壁の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
使用材料:ミラクシーラーエコ、プレミアムシリコン他
築年数:32年前後

【工事前】

【工事後】

工事の様子

黒い汚れやチョーキングと呼ばれる劣化現象、

外壁材と外壁材の間にあるシーリングの傷みが見られたた為、塗装工事を行いました。

塗装はデザインや色等の外観を良くすることが一番の目的ではありません。

一番の目的は外壁材を外部から保護することです。

外壁は毎日、雨風や太陽光(紫外線)によってダメージを受けています。

塗装をせずに外壁材が上記のダメージを受け続けますと

雨水が染み込み内部に雨漏りを発生させてしまう等の被害が出てきます。

雨や風から私たちを守るはずの外壁がこの状態では頼りないですよね。

そんな外壁の弱点を補填しているものが塗料です。

今回は、外壁塗装工事の様子をご紹介します。

 

足場や保護シートを設置して工事開始です。

塗装工程前に外壁の洗浄を行います。

高圧洗浄機を用いて、外壁に付いた埃や砂等の汚れや古い塗膜を落としていきます。

この工程は塗装工事の中でも重要な工程の一つです。

洗浄せずに塗装をしてしまうと、外壁材と塗料との間にごみが入り込み、

塗料の密着性の低下や施工後の美観に影響してきます。

丁寧に隅々まで洗浄することが大切です。

洗浄後は、傷んだシーリングの補修工程に入ります。

まずは外壁材にシーリング材が付着しないように周辺に養生テープを貼ります。

写真の青いテープ部分ですね。養生後、古いシーリングを撤去し、専用のプライマーを塗っていきます。

その後、新しいシーリング材を充填しヘラで押さえ平らにしていきます。

養生テープを剥がして完了です。補修工程後、

シーリング材がしっかりと乾いてから塗装工程へと移ります。

塗装工程の中でも基礎となる下塗りに入ります。

下塗りには「ミラクシーラーエコ」を使用しました。

下塗りで外壁材と中塗り・上塗りで使用するメインの塗料との密着性を高め、剥がれにくくします。

下塗り塗料が乾きましたら中塗りを行います。

中塗り・上塗りには「プレミアムシリコン」を使用します。

中塗りは、下塗りと上塗りを繋ぐ大切な役割があります。

表面を整え滑らかにし塗料が乗りやすくすると同時に、下塗り塗料の色を隠し密着性を高めます。

中塗り後、上塗り工程へと入ります。

塗装の最終工程となりますので、この作業の出来が外観に影響していきます。

中塗りと同じ塗料を重ね塗りしていきます。

同じ塗料を塗ることで、中塗りの際にできた塗りムラを塞ぎ塗膜に厚みを持たせます。

塗膜を厚くすることで耐久性を高めることができます。

外壁の塗装が完了しましたら、鉄部の塗装に入ります。

錆など高圧洗浄機では落としきれない汚れをケレン掛けによる手作業で丁寧に落としていきます。

その後、錆止め塗料を塗っていきます。

よく勘違いされやすいですが、

錆止め塗料は錆の発生を抑止するのであって、錆の進行を止めるものではありません。

錆が出ているところに塗っても、塗料の水分を吸収し酸化してしまうのです。

その為、塗料を塗る前に必ず錆を落としておく必要があります。

錆止め塗料が乾きましたら、メインの塗料を重ね塗りしていきます。

端など入り組んだところはハケなどを用いて、塗り残しがないようにしていきます。

塗料が完全に乾きましたら工事完了となります。

 

塗装工事は、塗料の乾燥時間も必要なため工事期間が長くなります。

作業中は室内で生活できますが窓が開けられないことがあります。

また、工事中に雨が降る等の天候上理由から工事期間が延びることもあるため、

工事をする前にしっかりと担当者と工事期間も確認しておきましょう。

 

三国志で有名な曹操の墓で、白磁が発見されたそうです。

今から何千年の前の技術力に驚きを隠せません。

三国志演義では悪役のような立ち位置の曹操ですが、

現在を生きる私たちも曹操から学べることがあるのかもしれませんね。