広島県広島市東区で錆や色褪せが目立つ屋根の塗装リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:屋根塗装工事 使用材料:ファインウレタン他 築年数:30年前後 【工事前】 【工事後】  

工事の様子

屋根全体に錆や塗装の剥がれが見られた為、屋根の塗装工事を行いました。   自宅の屋根が最近傷み始めているから「屋根の塗装」を検討しているけど、 判断の基準がよく分からない。   このようなお悩みの方は多いのではないでしょうか。 一般的に屋根の塗り替え目安は築10年前後と言われています。 なぜこんなにも早いのかというと、 屋根は風雨や紫外線に日々晒されているため、外壁よりも早く傷んでしまうからです。 屋根に苔・カビ・錆が発生している、色褪せが目立つ場合はメンテナンスが必要なサインです。 そのような症状が見られたら早めに塗装を行いましょう。 今回は、金属屋根の塗装工事の様子をご紹介します。   まずは足場工事と養生などの仮設工事を行います。 屋根塗装をする場合は必ず屋根上まで足場を組み、保護シートでお住まい全体を覆います。 塗装に使う塗料などが隣の家に飛び散らないようにカバーをかけることはとても重要です。 養生を怠ったために、 隣の家の車にペンキが飛んでトラブルになったという事例もあります。 見積書が提示された段階で仮設工事の費用がきちんと記載されているか確認しておきましょう。 次にケレン掛けを行います。 サンドペーパーやヘラで屋根の苔や錆を落とし、塗装面を平滑で綺麗な状態にしていきます。 塗装前の下処理をしっかり行うと仕上がりが綺麗になるだけでなく、 汚れも付きにくくなるので塗装の持ちも長くなります。 この工程を省くと施工直後の仕上がりは綺麗でも、 2~3年程で塗装が剥がれてしまいます。 屋根を洗浄後、塗装作業に入ります。 今回は金属製の屋根なので刷毛で塗膜の厚みが出るよう、 錆止め塗料を一枚ずつ丁寧に塗っていきます。 錆止め塗料が乾いたら中塗り・上塗りの工程です。 塗料には「ファインウレタン」を使用しました。 下塗り・中塗り・上塗りと塗装をすることで 強度のある塗膜を張り、屋根の耐久性を高めることができます。 3工程の塗装作業は基本中の基本ですが、 一部の業者はコスト削減のため中塗りを省くことがあります。 提示された見積書に塗装内容が詳しく記載されていない 他の業者と比べて工事費用が安すぎる等の点が見られたら悪徳業者の可能性が高いので注意しましょう。 塗装が完全に乾いたら工事完了となります。   錆や色褪せは一度発生すると自然に綺麗になることはありません。 小さな傷みを放置していると屋根全体に症状が進行します。 変色や釘の浮き、継ぎ目のズレなど初期のものであれば塗装での修復が可能となります。 屋根はなかなか確認することもありませんので、定期的にメンテナンスすることを心がけましょう。   九州・四国地方では春一番が吹いたそうです。 新しい季節の訪れが楽しみですね。