広島県広島市佐伯区でひび割れや漆喰の剥がれがある瓦屋根の修理リフォーム工事を行いました。

工事情報

工事内容:瓦屋根葺き替え・棟積み替え工事
築年数:40年前後

【工事前】


【工事後】

工事の様子

瓦屋根全体にひび割れや色褪せ、漆喰の剥がれ等の劣化症状が見られた為、

葺き替えと棟の積み替え工事を行いました。

瓦屋根は、瓦自体に高い耐久性があることからメンテナンス回数も少なく、

丈夫なイメージがあります。

しかし、実際には漆喰の塗り替え時期は約10年前後など瓦屋根を構成する部分は

瓦ほど強い耐久性はありません。

また、屋根は紫外線や雨風を普段から直接受けている為、

外壁や床下等よりも劣化するスピードが速くなってしまいます。

瓦屋根が酷く傷んでしまった場合は、瓦を全て取り外し葺き替える工事を行います。

今回は、そんな葺き替え工事の様子をご紹介します。

 

まず、既存の瓦を撤去します。

瓦屋根の頂点部分にある棟瓦から解体していきます。

取り外した瓦は屋根から落下する危険性がある為、一か所にまとめて管理をしておきます。

屋根には傾斜がある為、別々に置くと気付かない内に落下する可能性があります。

高所からの落下物は小さなものでも被害が大きくなる可能性がありますので、注意が必要です。

既存の防水紙は表面に膨らみがあり、水分が溜まっている状態でした。

これでは、防水の役割を果たせませんね。

棟瓦・瓦・桟木・防水紙を撤去後、下地合板を張ります。

下地合板の上から防水紙(ルーフィング)・桟木を設置していきます。

この時、敷き方に注意点があります。

防水紙は軒先(低い方向)から棟(高い方向)に向かって敷くことと、

シートは20cm以上重ねて敷くことです。

このように敷くことで瓦から雨水が入り込んでも、内部の侵入を防ぐことができます。

防水紙設置後、桟木を瓦の寸法に合わせて均等に打ちます。

新しい瓦を設置します。今回は瓦の中でも耐久性の高い「石州瓦」を使用しました。

日本瓦から日本瓦への葺き替えとなりましたが、

瓦屋根からガルバリウム鋼板等、別の屋根材への葺き替えも可能です。

屋根の重量や機能も変わってきますので、お住まいに合った屋根材を選択しましょう。

瓦の設置が終わりましたら、棟の積み替え工程へと移ります。

棟浅木を取り付け、漆喰を塗り付けていきます。

漆喰を塗った後、半円状の棟瓦を取り付けていきます。

瓦の上から桟木と瓦がずれてしまわないようにビスで固定します。

最後に瓦のずれや漆喰の塗り残しなど最終チェックを行い工事完了となります。

 

屋根の葺き替え工事は、屋根工事の中でも規模の大きな部類になりますが、

屋根材の交換のみではなく防水紙や野地板などの、普段手入れが難しい箇所も

一緒に補修・メンテナンスすることができます。

また最近では、

以前の瓦よりも軽量の瓦へ葺き替える等の地震対策をされる方も多くなっています。

お客様の希望に対応できるのが、葺き替え工事の魅力の一つなんです。

 

三菱電機が多言語を聞き分けるAIを開発したそうです。

日本語や英語に限らず、フランス語やドイツ語等最大10言語で話をしても、

聖徳太子のように聞き分けるそうです。

この技術が進めば、言語が分からなくても世界中の人とコミュニケーションが取れますね。

技術の進歩に驚きつつも、遅れないように努力をしなくてはいけません。