広島市安佐北区で経年劣化によりひび割れした瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。 先日お客様から、 「屋根が傷んできているので塗装か葺き替えをしたい」 とのご依頼を頂き、早速現地へ瓦屋根の無料診断を行いました。 屋根のメンテナンスは家を建ててから一度もされていなかったそうで、 早速診断を始めると広範囲に劣化の症状が見られました。 屋根の端にある瓦には横に大きくひびが入り、中からが生えている状態でした。 また、多くの瓦には青い苔やオレンジ色のカビや錆が見られました。 屋根は常に紫外線や雨・気候により傷みを受けており、 長い年月が経つと次第に劣化していきます。 劣化し瓦にひびが入ると、そのひびから雨水が侵入し苔や錆の原因となります。 また、瓦屋根の内部には防水紙がありますが、 水分を溜め込むと次第に建物内部にまで雨水が浸み込んでしまいます。 今回も表面の塗装が剥がれ、防水機能が落ちていました。   今回のようにセメント瓦のひび割れが広範囲に生じていた場合、 瓦全体を一度撤去し、内部の防水紙から新しいものに変える葺き替え工事を行います。 葺き替え工事では、既存の瓦を撤去後、新しい防水紙を敷いた上に石州瓦を並べていきます。 一部補修工事と異なり、防水紙や葺き土も新しいものと交換する為、 雨漏りする心配が無くなります。 また、お客様のお住まいの棟にはのし瓦がありましたが、 のし瓦を撤去し強力棟にすることで、耐震性も上がりより安全・安心な屋根になります。 棟の高さを変えるなど、瓦屋根だからこそできる補修方法もあります。 近年の災害、異常気象などもしっかりと考慮して、 いざという時に安心できるお住まいにしておきましょう。   インフルエンザのニュースも耳にする事が少なくなってきましたが、 この季節は花粉症に悩まされる方も多くなってきます。 みなさん体調にはくれぐれもお気を付けください。