広島県広島市安佐北区で

漆喰の剥がれやのし瓦のずれがある瓦屋根の修理リフォーム無料診断を行いました。

 

屋根の上から砂が落ちてきたり、白い欠片が落ちてきた等の経験はありませんか?

実は屋根の漆喰に異常が起きているサインなんです。

 

今回お客様のお住まいも一緒の現象が起きてるとの事で、早速瓦屋根の無料診断を行いました。

写真からも分かるように、漆喰が剥がれ赤土が露出しています。

また、こちらでは漆喰にひびが入り一部ののし瓦が前にずれていました。

漆喰は瓦同士を繋ぐ接着剤のような役割とともに、

棟部分から雨水が内部に侵入することを防いでいます。

漆喰が剥がれ無防備となった屋根に雨水や湿気が侵入し、

天井裏や押し入れを濡らしてしまう雨漏りに繋がる可能性があります。

しかし、お客様のお住まいは幸いにも雨漏りの被害はありませんでした。

 

ただ、今回の記事で一番知って頂きたいのは、本当に『幸い』だったという事です!

雨漏りしてしまえば、屋根の補修工事のみではなく天井のクロス張替えなど

内装の工事も検討しなければなりません。

瓦屋根の劣化が酷くなってしまうと、

瓦全てを一度撤去し、再度並べなおす葺き替え工事が必要となります。

瓦の一部を交換、漆喰の塗り替えなどの屋根の補修工事と異なり、

工事の規模が大きく、それに伴い費用や期間も長くなります。

 

今回のお客様のお住まいは、ズレた瓦部分を積替え調整し、

漆喰部分は既存の部分を剥がし新しい漆喰に塗り替える工事を行うこととなりました。

屋根の被害を最小限に抑えるには、劣化の早期発見が大切です。

その為にはまずお住まいの小さなサインに気づくこと、気にかける事が重要となります。

しかし、屋根は高い位置にあるため普段から確認することは困難です。

定期的にメンテナンスを行い、屋根の状態をチェックしておきましょう。

 

今月、長崎の動物園でキリンの赤ちゃんが誕生したそうです。

赤ちゃんは今も順調に成長しているようで、

なんだかニュースを聞く私たちも気持ちがほっこりしますね。

赤ちゃんの様子に元気を貰いながら、私たちも頑張りたいですね。