広島市安佐南区で錆や腐食が進んだベランダ手摺の修理リフォーム無料診断を行いました。   ベランダの手すりが劣化する、とはどのような状態を指すのでしょうか。 ベランダの手すりは金属製で出来ている為、雨や風には耐久性がありますが 長年雨を受け続けると、次第に錆びて劣化していきます。 あなたのベランダには錆・腐食や変脱色などの異常は発生していますか?   ご依頼のあった客様のベランダには、 手すり下の鉄部に錆が発生し塗膜が剥離しているのが分かります。 また、ベランダ下では、錆が進行し鉄部に穴が開いて内部が露出していました。 今回は特に水が溜まりやすい手すり下で腐食が発生し、 お客様も気づかないうちに大きな穴が開いていました。 写真のように大きな穴が開いていると、雨水が内部に侵入してしまいます。 また、内部鉄筋が腐食するとベランダを支えることが困難となり 手摺の安全性も低下します。 気づかず放置していると腐食や劣化はどんどん進み、 早期発見できていれば一部の塗装で修理できていたものが、 部分的な工事では対処できなくなり全体的な工事を行う事になります。 早期発見や安全性の確認をするためにも お住まいの状態を知っておく事が重要となります。 このように「気づかないうちに」ということは意外にも多く、非常に危険なのです。 知っていたら防げたこと、気づいた時には手遅れだったということがないように 定期的に診断を行い、お住まいの現状把握をしておきましょう。   2月も下旬になりましたね。外に出てみるとうぐいすが鳴いていました。 天気も良く暖かいので気分転換に散歩もいいかもしれないですね。